関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

大阪発 駅メモ攻略 駅メモ全駅、全鉄道路線制覇を目指して、青春18切符や高速バスを含めて移動記録をのんびり更新していきます。攻略情報ではないので参考程度に考えていただければありがたいです。

青春18きっぷ 大阪発一泊二日の旅①-②身延線と飯田線遠征 駅メモ大阪発

今回のコース

大阪6:35→8:22米原8:33→9:05大垣9:11→10:39豊橋10:42→11:17浜松→休憩→浜松12:10→13:39興津13:54→14:13富士14:17→17:14甲府→休憩→甲府20:40→22:26松本

f:id:sMasa:20190209224034j:image

 

前回の続きです。

青春18切符 大阪発一泊二日旅①-①身延線と飯田線 駅メモ大阪発 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

 

興津駅を出て富士駅に向かいます。

富士駅からは、今回の旅の目的の身延線に。


f:id:sMasa:20190217175353j:image

 

身延線の終点駅である甲府駅まで三時間近くかかります。興津駅の近くには売店などはなく、富士駅での乗り換え時間もないため、浜松で何か飲食物を買っておくことをお勧めします。

 

身延線の車両はクロスシートでした。

ここからは三時間程のんびり旅です。
f:id:sMasa:20190217175756j:image

 

しばらくするうちに山をどんどん登っていきます。


f:id:sMasa:20190217181227j:image

 

富士市街が低く見える位置まで登って来ました。進行方向の左側に座ると市街を見下ろす景色が楽しめます。

右側ならば富士山が見えるような話が聞こえてきましたがよくわかりませんでした。

f:id:sMasa:20190217181255j:image

ある程度登ると山と川の風景。中国地方の山間路線とは違って、斜面はなだらかな感じがします。

f:id:sMasa:20190217183615j:image

山を登り終えて、田畑ばかりの景色に変わった頃に中間地点の身延駅に着きました。この駅の近辺だけは少し栄えていました。有名な寺があるようで、観光バスが止まる寺内町として栄えているように思います。

f:id:sMasa:20190217201004j:image
f:id:sMasa:20190217182219j:image

身延駅を越えると山を下っていきます。

辺りも薄暗くなってきました。

高速道路が見えますが、身延線は高速道路を使ってレーダーでコンプリートはさすがに長すぎるので無理です。

f:id:sMasa:20190217181501j:image

長い時間をかけて、身延線の終着駅の甲府駅に到着しました。山梨県の中心都市だけあって大きな駅です。

まだ17時過ぎたぐらいですが、冬場ということもあって、出発した頃には明るかった空も真っ暗になっています。長い時間をかけて移動してきたことを実感した瞬間でした。

f:id:sMasa:20190217182955j:image

甲府の町の高度が高いからだと思いますが非常に寒い。かなり厚着をしていましたがそれでも寒いです。寒冷対策に極暖を来てこれば良かった。

 

駅前はきれいにイルミネーションで彩られています。

f:id:sMasa:20190217185349j:image

 

ここからは中央線で松本駅に向かいますが、少し休憩。

テレビの おにぎりあたためますか という番組で見た素敵なお店があるのでちょっと寄り道。

 

山梨県の郷土料理に煮貝というものがあるらしく、値段は少ししますがそれを食べてみたいと あかざわ というお店に。

 

 

季節によってコースの献立が変わるとのことですが、今回食べたコースは初めて、ほっぺたが落ちる、という感想が出ました。

同じようなコースを都心部で食べた場合は、恐らくは三倍の値段はしそうです。

全ての料理に料理人の腕が光る味で、値段以上に満足する味だと思います。季節が変われば、また来ようと思います。

 

二時間ほどの幸せな食事の後、再び甲府駅に戻ってきました。

f:id:sMasa:20190217185314j:image

駅前には、山梨県の郷土料理のほうとうの店がありますが、土産物屋さんで買っておきます。

甲府駅ではカッコいい特急が止まっていました。昔、あずさ2号という歌を聞いたことがありますが、今はあずさ13号という名前のカッコいい車両に変わっていました。

 

あずさ2号

あずさ2号

  • テツandトモ
  • 歌謡曲
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

あずさ13号に乗れば、さぞ快適に松本駅に到着すると思いますが、筆者のきっぷは、青春18きっぷ。格安旅になりますので、優等列車には乗れず、鈍行列車で、明日の飯田線コンプに向けて、松本駅に向かいます。

 

以前の特急が使えた四国のバースデーきっぷのお得感に思いを馳せます。

四国バースデー切符① 四国一周の旅 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

 

駅に着くたびに扉が開くのですが、これがまた寒い。


f:id:sMasa:20190217202051j:image

小渕沢駅あたりから車両はガラガラに。関東の路線と言っても、ほとんどが無人駅のようです。途中でたまに駅員さんが回って来るものの、切符をどうやってチェックしているか、非常に不思議です。


f:id:sMasa:20190217201939j:image

諏訪湖を通りますが、すでに景色は真っ暗で何も見えず。特に楽しみもないまま、松本駅に到着。

f:id:sMasa:20190217202843j:image

松本駅はかなり栄えています。

到着時刻が遅くなっても困ることはなさそうです。

…といっても、筆者がついたのは終電間際ですが…

 

甲府駅で食事をした店員さんに聞いた通り、松本市内はかなり寒いです。足早に駅近くのホテルへ向かい、大浴場に入って明日の飯田線コンプに備えて今日は休みます。

 

本日はこれにて終了。

次に続きます。

青春18きっぷ 大阪発一泊二日の旅①-③飯田線と身延線-大阪発 駅メモ遠征 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

 

#16