関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

大阪発 駅メモ攻略 駅メモ全駅、全鉄道路線制覇を目指して、青春18切符や高速バスを含めて移動記録をのんびり更新していきます。攻略情報ではないので参考程度に考えていただければありがたいです。

近鉄周遊切符で乗り鉄旅④-②駅メモ三重県攻略

今回のコース

f:id:sMasa:20191201224357j:image

大阪6:15→6:35天王寺→大阪阿部野橋6:50→8:22吉野8:37→9:30橿原神宮前9:50→9:56大和八木

 

大和八木10:10→11:36松阪11:38→13:08賢島13:15→14:40松阪15:11→15:48家城15:55→16:34松阪→大和八木→鶴橋→大阪

 

近鉄乗り放題きっぷ 伊勢志摩遠征

近鉄週末フリーパスを使って、三重県に遠征しに行きます。

この切符は、乗車前日までに購入する必要がありますが、4200円で近鉄電車全線を土日を含む3日間で、乗り放題になるという優れたお得きっぷで、三重県や奈良県を攻略するのに一番便利な切符かと思います。

近鉄週末フリーパス|その他のお得なきっぷ|観光・おでかけ|近畿日本鉄道

 

近鉄電車 奈良県周遊

天王寺駅近くの近鉄あべの橋駅からのスタートです。

f:id:sMasa:20191024202425j:image

近鉄吉野までの直通急行に乗って南大阪を奈良県南部に向けて進みます。途中の古市駅では、近鉄長野線を富田林に向けてレーダーを飛ばして、南海高野線からのレーダーと合わせてコンプリートです。

※参考記事

南海電車-関西私鉄の駅メモ旅③-①高野線 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

f:id:sMasa:20191013173239j:image

橿原神宮駅を越えると近鉄吉野線に入ります。奈良県の吉野桜はとても有名で、春先にもなればかなり混雑しますが、今は季節外。基本的にガラガラな車内ではありますが、吉野線は吉野口駅を越えると乗客がさらに減ってほぼ貸し切り状態にななります。

f:id:sMasa:20191024202830j:image

終点の近鉄吉野駅は、JRが通る吉野口駅からレーダーブースターを使っても、射程範囲外になりますので終点まで乗車しなければなりません。

乗ってきた列車の折り返しまで少し時間がありますので、駅の外の様子です。駅前には売店が三軒ほど連なっていてお菓子やアイスクリームが売られています。

f:id:sMasa:20190428012049j:image

 

吉野駅からは、他にも数名の折り返す乗客がいました。恐らくは筆者と同じ駅メモerと思われます。

いつものことながら、話かけるかどうかが悩ましいところです。お互い横目に見ながら、チェックインのタイミングを感じて、橿原神宮前駅に戻ります。

f:id:sMasa:20190428015002j:image

橿原神宮前駅に戻って来ました。ドラッグストアやコンビニを横目に通り抜けて、近鉄橿原線のホームまで。いつもながら思いますが、近鉄電車は駅中ショップが充実しているように思います。

食堂でゆっくりしていきたいところですが、大和八木行きの列車へ。

通り道にあるたこ焼き屋さん。上に乗っている端切れのカリカリがなかなか美味しい。

空いていれば良いのだけど、流石に朝も早いので、以前に訪れた時の写真です。

f:id:sMasa:20191022154915j:image

大回りの時に通った大和八木駅に到着。ここからは三重県に向けて出発しますが、この路線の先は地図を見る限り山の中になりすので、店がありそうな気配がありません。

※参考記事

関西私鉄 駅メモ攻略④-①近鉄沿線大回り - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

この先の駅にコンビニ等があるかどうかが不明なので、大和八木駅構内のファミリーマートで軽食をとりながら列車を待ちます。


f:id:sMasa:20191024203953j:image

 

まずは名張駅を越えます。この辺りはすでに三重県ではありますが、関西人の認識では、ここはまだギリギリ関西。

(名張から伊勢奥津へのコミュニティバスが出ているようですが、名張→伊勢奥津は夕方発、伊勢奥津→名張は早朝発になっていて、旅のルートに組み入れるのは難しいと思われます。)

 

列車は、山の中を三重県に向けて進みます。ここから、伊勢中川までの駅のほとんどが無人駅になります。

名張駅を越えたあたりで車内改札がありましたので、切符を見せて、ただただポチポチ。乗客全員の切符を見て回る駅員さんも大変です。

f:id:sMasa:20191022155812j:image

 

途中の伊賀神戸駅では、関西本線のレーダー使用と併せて伊賀鉄道をレーダーでコンプリート。

※参考記事

大阪大回り、ではなく小回り② - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

f:id:sMasa:20190428121907j:image

レーダーで伊賀鉄道を取得した後は青山町の先の長いトンネルを抜けて三重県に入ります。東青山駅。広大な公園になっていますが、降りる人がいない。ましてや人の気配もほとんどありません。

f:id:sMasa:20191022152338j:image

 

駅メモ好きであれば、東青山駅で普通列車に乗り換えて、川合高岡駅から名松線の一志駅まで徒歩によるワープをしたくなるところです。ただ、近鉄大阪線の多くの時間帯で川合高岡駅に停まる列車が少ないことから、ワープは使わずに乗り換えの待ち時間が少ない賢島方面を先に取得する方が賢明かと考えます。

(もし、川合高岡駅から一志駅へ徒歩で行く場合は、大和八木で何かしら買っておくことをお勧めします。駅前には喫茶店が一軒あるぐらいです。)

 

榊原温泉駅ですれ違いの待ち時間。

巨大な金の仏像の存在感が半端ない。


f:id:sMasa:20191022165113j:image

 

名古屋方面の乗り換え駅となる伊勢中川駅で賢島行きに乗り換え。


f:id:sMasa:20191022160152j:image

 

鳥羽駅までは少し離れたところを走る参宮線をアイテムで取得しながら、賢島駅で折り返して松阪駅に戻ってきます。

※大雨の場合は鳥羽〜賢島間が運転見合わせになることが多いので、注意してください。

f:id:sMasa:20191022160953j:image

伊勢半島にはスペイン村や伊勢神宮、鳥羽水族館や真珠島などの観光地がたくさんあります。時間と予算と体力が許すのであれば、志摩半島観光も良さそうです。

 

 

松阪駅に戻ってきました。名松線の発車時刻まで時間がありますので、ここで一旦少休憩。

 

名松線 駅メモ攻略

JRへの乗り換えは、改札口を出ずにホームを移動するだけでできるようになっています。私鉄とJRが改札がないままホームを共用はしているのが珍しく、乗り換え時の精算の仕組みがよくわかりません。

乗り放題きっぷになりますので問題はないと思いますが、松阪で昼食を食べ終えたところで、ワンマン列車の整理券をとって?名松線攻略のスタートです。

 

名松線は秘境路線としても有名で、家城駅ではスタフ交換という作業が行われます。


f:id:sMasa:20191022173819j:image

 

スタフ交換とは、線路が一本しかなくすれ違うことができないため、スタフを持つ列車だけが、通行することができるというもの。イメージとしては下図のとおり。

f:id:sMasa:20191022171826j:imagef:id:sMasa:20191022174348j:image

家城駅でスタフ交換を行うため、10分ほどの待ち時間があります。

終点の伊勢奥津までは、レーダー射程+18で届きますので、ここで折り返し。


f:id:sMasa:20191022171843j:image

ちなみに以前に伊勢奥津に行った時は記念品として駅員さんにクリアファイルをもらいました。駅の横には売店がありまして、カップラーメンやお菓子が販売されているので時間は潰せます。伊勢奥津まで行く場合は、かなり時間がかかりましたが、レーダーブースターの実装によって名松線攻略も楽になったものです。

f:id:sMasa:20191022171921j:image

 

(名松線は紀勢本線の三瀬谷駅からのレーダーと、近鉄の東青山駅からレーダーを飛ばせばコンプリートできます。)


f:id:sMasa:20191202223304j:image

 

前回の紀伊半島旅ではレーダーを使っていなかったので、松阪から家城まで、のんびりした景色を見ながらゆらゆら列車に揺られます。振り子式というのでしょうか、左右にゆらゆら。

………酔いそうになります。


f:id:sMasa:20191022174759j:image

 

家城駅でスタフ交換が行われますが、交換よりも先に松阪行きの列車の方が早く出発するとのこと。

スタフ交換を見に来たのですが、見た場合の次の列車は2時間後になります。残念ではありますが、ホームを出て切符を買ってすぐに帰りの列車に戻ります。

f:id:sMasa:20191022174246j:image

 

松阪駅についた頃にはすでに夕方。

松阪といえば松阪牛。

 

物珍しい回転焼き肉店に、向かいます。

一人旅で色々な店には立ち寄るのですが、お腹いっぱいになってしまい、種類が食べれないのが一人旅の難点でしょうか。

この回転焼き肉は一人で行っても、一皿の料が小分けになっていて、一人でも色々な部位が食べれますので、一人旅の方にはオススメです。

一升びん 宮町店
〒515-0015 三重県松阪市宮町144-5
3,500円(平均)2,000円(ランチ平均)

焼き肉を満喫しました。松阪牛を買って帰ろうにも、さすがに生鮮食品になりますので、せっかく現地にきましたが、買って帰ることができません。ただ、インターネットで注文できる便利な世の中になりました。

松阪牛 すき焼き肉400g A4ランク以上 産地証明書付

松阪牛 すき焼き肉400g A4ランク以上 産地証明書付

 

 

 

ネットで注文する場合は、食べ比べがオススメです。お肉自体は、正直なところ一定のランクを越えたものであれば、何を食べても美味しい。味の違いがわかるようになりたいものです。

 

ここからは、一度関西に戻りまして本日はこれにて終了。

次回へ続きます。

 

近畿地方私鉄まとめ

駅メモ 近畿地方攻略まとめ - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

トップ画面

関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

 

近鉄周遊の旅についてですが、近鉄名古屋方面へは、朝一で鶴橋から急行に乗れば、10時前には三重県中心部に到着することができますので、一度関西へ戻ることにします。

さすがに、大和八木から伊勢中川の間を往復するのは疲れますので、予算が許すのであれば四日市、桑名、津あたりで一泊する予定にして、志摩半島の観光を楽しむと良いと思います。

というより、それが本来の切符の使い方だと思われます。

#53