関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

大阪発 駅メモ攻略 駅メモ全駅、全鉄道路線制覇を目指して、青春18切符や高速バスを含めて移動記録をのんびり更新していきます。攻略情報ではないので参考程度に考えていただければありがたいです。

盛岡発 青春18切符 駅メモ鉄道旅

関西発 青春18きっぷ東北鉄道旅③-①

新潟から羽越本線を乗り通して、秋田内陸縦貫鉄道、花輪線に乗って盛岡に到着し、一泊しました。本日は岩手県の山越え路線をメインに乗車して行きます。


f:id:sMasa:20210801212948j:image

☆1日目

大阪→関西空港10:30→11:45新潟空港→新潟

新潟→観光→新潟15:43→17:06村上17:11→18:42鶴岡→休憩→鶴岡20:29→21:02酒田

☆2日目

酒田7:55→9:41秋田10:16→11:11大曲11:16→11:38角館→休憩→角館13:58→16:20鷹巣16:47→17:05大館17:35→(十和田南)→20:38盛岡

★3日目

盛岡7:44→8:00雫石8:10→8:26盛岡8:42→10:51釜石11:31→13:10花巻13:25→13:36北上13:40→14:51横手15:01→16:28新庄17:22→18:35山形→休憩

山形→佐沢線→山形


f:id:sMasa:20210809220100j:image

☆4 日目

山形→仙台→女川→仙台→仙台空港→関西空港→大阪

 

前回の続きです。

関西発 駅メモ東北遠征 花輪線 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

次回遠征での岩手県コンプリートのための下準備を済ませて奥羽本線を使い、本日の目的地の山形駅に向かいます。

 

駅メモ 岩手県攻略

岩手県をコンプリートするにあたり、三陸鉄道と東北本線をつなぐ、3つの路線の乗車に悩ませることになります。

似たような路線図の北関東の場合はどの路線もJRで、運行本数もありますので、なんとでもなりました。

※参考記事

青春18きっぷ 東京仙台間の駅メモ旅 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

比べて、岩手県の路線を小牛田から八戸までジグザクに進もうにも列車の本数が少なく一日で辿りつくのは不可能です。合わせて海側の三陸鉄道は私鉄になりますので、フリーきっぷは使えません。

釜石線の遠野駅や大船渡線の千厩駅から、縦に縦断するバスでもあれば良いのですが、調べた限り、バスルートは盛岡〜宮古ぐらいしかなく、岩手県は基本的に気合でなんとかするしかないと思われます。

 

三陸鉄道を丸一日かけて踏破するのもよいですが、東北本線と三陸鉄道をつなぐ山田線、釜石線、大船渡線で途中レーダーを使用した折り返しが必要になります。この折り返しのでも本数が少ないため計画を立てる難易度が上がります。  

 

フリーきっぷだけで回る計画を立てる場合、上の3つの路線の中でも本数があるのが釜石線になります。釜石を中心にした三陸鉄道リアス線部分は、それぞれ逆方向の盛、宮古からレーダーを飛ばせば取得できます。

もしかしたら、久慈〜宮古間もレーダーでなんとかなるかもしれませんが、山田線や八戸線を往復するぐらいなら、乗ってしまう方が早いように思います。

 

筆者は本数のある釜石線のみ折り返しして、次回遠征で気仙沼、宮古、久慈、八戸を回る計画を立てています。


f:id:sMasa:20210809172529j:image

盛岡から宮古をバスで移動した場合等、もっと良い方法があるとは思います。あくまでも筆者の遠征計画でありますので、参考程度によろしくお願いします。

 

田沢湖線 盛岡〜雫石

秋田内陸鉄道から田沢湖線をコンプリートすることができませんでしたので本日は朝早く出発し、田沢湖線をコンプリートしておきます。朝の盛岡駅はまだまだ人はまばらです。


f:id:sMasa:20210807184927j:image

盛岡発の田沢湖線も列車の本数が少ないですが雫石までの列車が数本でています。間もなく列車が来ます。カメラに収めようとする撮り鉄さん。一定の距離をとって、まるで鴨川のカップルのよう。

 

f:id:sMasa:20210807185527j:image

雫石に向かう列車はこの通り、ほぼ貸切り状態。それにしても二駅先までしかない電車もなかなか珍しい。恐らく小岩井農場へ行く観光客のためでしょうか。

f:id:sMasa:20210807185540j:image

 

この小岩井農場は鉄道を整備した人が牧場経営を始めて今に至るそうです。今の有名な企業の成り立ちを調べてみると、財閥やらなんやらと案外面白いものです。最近はわかりやすい解説動画がユーチューブにもアップされていて、調べるのも楽になりました。

 

雫石までの間気付けば夢の中。景色はひたすら、山あいと田園の風景だったような気がします。雫石からレーダーを飛ばして、田沢湖線をコンプリートします。


f:id:sMasa:20210809171926j:image


f:id:sMasa:20210807192634j:image

帰りの盛岡方面への列車はかなり混んでいました。これらの乗客は横手発盛岡行きの限りある数少ない列車に乗って来たと思われます。風景の写真を取るならば、必ず行き道のうちにとっておきましょう。

 

釜石線 盛岡〜釜石

田沢湖線を取得し終えた後はいったん釜石まで向かいます。

盛岡から乗車する快速はまゆりは、三陸鉄道や遠野に向かう観光客で結構混んでいました。乗車予定の曜日によっては、510円で指定席をとっておくほうが良いかもしれません。

この快速はまゆりは、盛岡から乗車する場合、座席が進行方向と逆を向いています。

花巻駅でスイッチバックして進行方向が変わるため、これで問題ありません。花巻までは後ろ向きで耐えてください。

f:id:sMasa:20210807210455j:image

花巻を越えると釜石線に入ります。新幹線の新花巻駅。主要路線から離れた所にあります。再開発が入っても良さそうなものですが、辺りは一帯の田園風景。

秘境の新幹線駅とか言われていそうです。

看板には釜石の観光地の魚河岸テラスのお知らせ。釜石駅から1.5キロの距離なので行けるかどうか。新花巻付近の宣伝看板ではありません。


f:id:sMasa:20210809194218j:image

 

線路沿いに一面のヒマワリ畑。奥に何台かの車が止まっていますので、撮り鉄スポットになっていると思います。ヒマワリを手前に綺麗な鉄道写真が撮れそうです。


f:id:sMasa:20210809201155j:image

ヒマワリ

ヒマワリ

  • SOPHIA
  • J-Pop
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes


f:id:sMasa:20210809201241j:image

 

遠野駅近くまで来ると、理想的な田舎の風景が広がります。川があって、緑があって、青い空。夏休みの絵日記で書きたくなる風景。


f:id:sMasa:20210809201327j:image

遠野は河童の故郷なんだそうな。東北地方には河童や座敷童子であったりと妖怪伝説が多くあります。山陰地方には日本神話に纏る地域がいくつかと日本の伝説にはとても興味が惹かれます。

釜石線の見どころは陸中大橋駅付近。ここでは大きなループで斜面を登っていきます。通った線路が真下に見えるポイントが見どころ。一瞬なので見逃さないように。 


f:id:sMasa:20210810225834j:image


f:id:sMasa:20210810114151j:image

トンネルを抜ければ風景の雰囲気がゴロッと変わり、釜石駅に到着しました。


f:id:sMasa:20210810114343j:image

 

ここでの待ち時間は40分あります。今日の工程は緩めに組んでいますので、一本ずらしても問題ありません。本数の少ない北上線や次の路線接続に合わせて予定を組みましょう。

 

釜石駅周辺

駅に到着して改札に向かう途中では駅員さんが乗換案内の誘導しています。三陸鉄道の

宮古行きは、あっち〜、

盛行きは、あっち〜

三陸鉄道も本数があるわけではないので、一本逃せば致命傷です。乗換がややこしいのか、こうした案内は旅行者にとって非常にありがたい。


f:id:sMasa:20210809232348j:image

このまま宮古へ行って山田線で盛岡へ戻る場合は、盛岡到着が16:30でこの後の工程の選択肢が限られてしまいます。仮に八戸方面に抜ける場合でも、閑散路線の山田線の往復を余儀なくされてしまいます。

駅メモの旅ではそのまま釜石線を折り返ししますので、釜石線で各方面にレーダーを飛ばしておきます。陸中大橋や遠野辺り等、スキルやアイテムは出し惜しみせず使用します。

 

釜石線からレーダーを使用した場合、

三陸鉄道北リアス線に関しては、織笠駅まで届きます。別のサイトを見る限り後は宮古から取得できるようです。せめて、次の陸中山田まで届いていれば、心配しないのですが…… 

次の遠征の宮古乗換では、ちょっと余裕を見て工程を立てるようにします。


f:id:sMasa:20210810114451j:image

三陸鉄道南リアス線は綾里を除く全駅が取得できます。最長で盛駅まで届くのでイベント時など射程ボーナス時にコンプリートできたのであれば次回遠征が非常に楽になると思います。気仙沼付近からレーダーを飛ばして直接大船渡線に進めます。

できることなら釜石線遠征は、射程が増えるイベント時に遠征するのが良いでしょう。


f:id:sMasa:20210809175832j:image

釜石駅前はラクビーで有名な日本製鐵の大きな工場がありまして、ラグビーボール押しです。……………にも関わらずポストの上はラグビーボールじゃなくて、何かの魚。


f:id:sMasa:20210807211945j:image

 

釜石駅の上はホテルになっていて日帰り入浴ができます。右側には市場と物産館。駅前にはローソンもありました。帰り道で食べれそうな駅弁があれば良かったのですNEWDAYSには置いていませんでした。


f:id:sMasa:20210807212339j:image

昼食を探しに駅前の市場に入ります。魚屋さんでは海鮮丼や白ごはんも販売されていて、店の前にイートインスペースで、捌きたての魚を食べることができます。

併せて、こちらの市場では地方発送もしてくれます。三陸といえばやっぱりウニ。

海鮮丼とウニ刺を購入して、市場前で軽くランチタイム。食後は釜石物産館の特産品を物色しに行きます。

 

ネット販売では瓶詰めになっていますが、添加物が入っていないウニは甘くて非常に美味しい。ここでも現地ならではの味わいを感じることができます。

後は三陸といえば、海宝漬が美味しいのです。家が近くなら買って帰るのですが、今回の遠征はまだまだ続きますので、地方発送しました。

釜石ラーメンが有名とのことで、こちらは乾麺タイプのものでしたので迷わず購入。

家で作ってみたところ、釜石ラーメンは甘みのある醤油のスープにノンフライの縮れ麺、甘みとコクのあるスープはその辺りのラーメン屋に負けていません。

ウニラーメンは平打ち麺にウニ醤油をベースとしたスープです。麺を啜った時のウニの香りが他にはない味です。

どちらも有名になっているだけあってとても美味しかった。

 

釜石駅併設のホテルでは日帰り入浴ができます。入浴料500円はかなりお得です。

もう少し釜石周辺を観光して、ひとっ風呂浴びたいところですが、今回はそのまま折り返し東北本線の花巻へ戻ります。

 

東北本線 花巻〜北上

釜石線をUターンして、花巻駅に戻って来ました。花巻で仙台方面に乗換して北上駅に向かいますがここで乗り換え待ち時間。

f:id:sMasa:20210809204205j:image

高台にある駅の周りはnewdaysのコンビニぐらいなものでとても静かでした。

花巻は宮沢賢治所縁の地でありまして、聖地巡礼するならばここからバスで15分程度。気になる運賃は400円ほどでした。

東北地方には太宰治、石川啄木、宮沢賢治のような教科書に名を連ねる文豪の所縁の地になっていますので、文豪好きは是非とも東北へ。


f:id:sMasa:20210809204421j:image

 

北上駅までは紫ラインの列車に乗って、北上駅まで。北上駅までの少しの移動ですが、やっぱり東北のメイン路線とあって車両は混んでいました。


f:id:sMasa:20210809204703j:image

 

北上駅に到着しました。乗換時間が5分しかないので急いで乗り換えます。主要路線から派生するローカル線は、二本程度をまとめて接続させるので発車時間の30分近く前には、入線しています。発車手前の接続ではほぼ座れません。

案の定、座席はいっぱいです。


f:id:sMasa:20210807225854j:image

 

こうした場合は、車両の一番後ろの特等席へ。この位置では、ちょっと不細工な姿になるけれど、丁度良い高さに腕をおいて、お尻を付き出す姿勢が楽です。座りすぎて痛くなってきたお尻を休ませながら、後方に流れていく線路を眺めます。

 

 

長くなりましたので次回へ続きます。

関西発 駅メモ遠征 奥羽本線鉄道旅 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

♯113

東北地方をコンプリートする場合、一筆書きができず思うように計画を立てることができず、盲腸線でもないのに関わらず路線乗車重複はやむを得ません。

その場合はレーダー使用を前提としたUターンが有効です。

筆者の遠征計画では今回の釜石線のように何箇所かUターンをする計画を組むことになりました。

このUターンを限りなく少なくし、待ち時間を抑えることが、東北遠征計画を立てるミソとなります。