関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

大阪発 駅メモ攻略 駅メモ全駅、全鉄道路線制覇を目指して、青春18切符や高速バスを含めて移動記録をのんびり更新していきます。攻略情報ではないので参考程度に考えていただければありがたいです。

北海道東日本パス青春18きっぷ 下北半島鉄道旅

東日本北海道パスの旅③−①

秋田から青森県西部を回って青森駅に到着しました。本日は東日本パス遠征三日目です。

今回のコース(緑線)

※今回の遠征ではイベントで射程が20になっています。普段であればスキルを使用してもMAXの射程が18なので注意してください。
f:id:sMasa:20210928231848j:image

☆1日目

大阪→伊丹空港8:20→9:50秋田空港→秋田12:10→13:05男鹿→休憩→男鹿→土崎→セリオンタワー→秋田

☆2日目

秋田8:20→リゾートしらかみ→12:48弘前→休憩→弘前→青森

★3日目

青森6:53→7:40野辺地8:05→9:02下北→レンタカー観光 恐山大間→下北17:05→18:02野辺地18:10→18:54八戸19:26→19:33本八戸

(青森9:24→10:08野辺地10:22→11:07下北11:15→バス→11:58恐山→休憩→下北14:14→15:11野辺地15:22→16:08八戸16:22→16:30本八戸)

☆4日目

本八戸8:19→八戸10:31→青森→観光

☆5日目

青森→8:43新青森9:04→10:01新函館北斗10:10→10:30函館→休憩→函館→札幌

☆6〜8日目

北海道周遊

前回の続きです。

青森鉄道旅 駅メモ東北遠征 弘南鉄道 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

本日は下北半島観光を兼ねて、大湊線と青い森鉄道をコンプリートします。

 

駅メモ 青森県攻略 下北半島

青森〜八戸区間をつなぐ青い森鉄道は第三セクター路線でも東日本北海道パスで途中下車することができます。また、青春18切符でも八戸線や大湊線に行くための通過だけならば追加料金がかからないので、乗車計画が立てやすい路線です。

青森県の盲腸路線の大湊線の下北には有名な観光地の恐山があります。関西民にとって下北半島は人生に一回行くか、行かないか。青森に来たのであれば、観光に時間を割いて回って欲しいと思います。

恐山菩提寺に行くためには下北駅から本数の少ないバスに乗らなけれはなりません。バス料金が往復で約2000円。

青森9:24発の列車に乗れば、下北発11:30恐山行きのバスに接続するので、12時前には到着します。恐山菩提寺観光は1時間を見ておけば充分。

帰りは13:00発の下北行のバスに乗って14:14発の野辺地行きの列車で八戸や青森への移動に繋ぐことができます。

青森6:53 発の列車で下北9:00発のバスに乗ったとしても、帰りのバスが10:00か13:00のバスしかないので15分の短すぎる時間で回るか、何も無い恐山で2時間を過ごさなければなりません。

恐山観光だけならば、11時台の下北駅発のバスがオススメです。大間まで行くならば早朝に出発するか、フェリーのワープを組み込むようにしましょう。

今回は同行者がいたので、安上がりで移動の自由が効くレンタカーを借りるため、早朝から下北観光をすることにしました。

 

青い森鉄道 駅メモ

本日はレンタカーでの下北半島の観光を予定しているので、朝9時過ぎに下北駅につくように早朝の青森駅からスタート。

青森駅近くのニコニコ通りでは、朝から行商が出ていて野菜を販売しています。近くの農家の方でしょうか。

f:id:sMasa:20210925123953j:image

昔々、青森には何もないなんて歌がありましたが、実際は立派な都会。

俺ら東京さ行ぐだ

俺ら東京さ行ぐだ

  • 吉幾三
  • 演歌
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
f:id:sMasa:20210919174514j:image

f:id:sMasa:20210919174656j:image

青森〜八戸区間の第三セクター路線は北海道東日本パス、青春18きっぷでも追加料金がかからないので下北半島も青春18きっぷ鉄道旅の観光圏です。

車両は左右にロングクロスシートが混在していて、ヘッド部分には青い森鉄道のキャラクターのなんとか。座るならば陸奥湾が見える進行方向に向かって左側がオススメ。

f:id:sMasa:20210919174806j:image

f:id:sMasa:20210919175138j:image

浅虫温泉駅の奥にうっすら見えるのが下北半島。浅虫温泉周辺は高級旅館が多かったように思います。

f:id:sMasa:20210919175332j:image

反対側の車窓では遠くに切り立つ山々が。

f:id:sMasa:20210919175444j:image

ふるさと納税で人気の平内町はホタテが有名直売所ならば安く食べれますが、青春18きっぷでは途中下車できません。

f:id:sMasa:20210928002500j:image

青い森鉄道は凄い速度で陸奥湾沿いをかっ飛ばします。晴れ渡る天気の中、陸奥湾を眺めているうちに野辺地駅に到着。

f:id:sMasa:20210928002626j:image

18キッパーと思われる人達も乗り換え。東北地方の人が穏やかなのか、乗り換えのダッシュはありません。

f:id:sMasa:20210928003758j:image

路線橋からの景色は何処の駅も素晴らしい。ずっと続く線路の先の景色を想像するだけでも楽しくなります。

f:id:sMasa:20210928181903j:image

駅メモブログを始めて3年近くで、約9000駅のうち6000駅を取得しました。

今までは想像するだけだった線路の先が、駅メモのコンプリートが近づくに連れて訪れたことのある場所に変わりつつあります。思えば色々と遠くの地域まで行ったものです。

思えば遠くへ来たもんだ

思えば遠くへ来たもんだ

  • 海援隊
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

大湊線 駅メモ

野辺地から先の大湊線は大湊線は薄緑の2両編成列車。JRなので青春18きっぷでも途中下車が可能です。

とはいえ、降りる場所も限られますが………。

f:id:sMasa:20210928004045j:image

大湊線は陸奥湾が広がる車窓を想像していましたが、防雪林で陸奥湾をみることはできません。

f:id:sMasa:20210919180345j:image

途中の吹越駅でレーダー射程+18で飛ばせば終点の大湊駅まで届きます。その先の陸奥横浜駅で反対列車とすれ違うので、時間短縮するならばここで折り返し。

f:id:sMasa:20210919175831j:image

大湊線の吹越〜有戸駅で風車が見えるとようやく視界が開けます。

海が見えるのも束の間、すぐに防雪林の景色に変わるので写真撮影はこの区間で。

f:id:sMasa:20210919220619j:image

本州最北端の下北駅に到着。朝早くに出発する駅メモ旅では必ずどこかで寝落ちしてしまいます。未取得の路線では不思議な使命感にかられて熟睡することができませんが、大湊線は駅数が少ないので潔く寝落ちしてルートビューンで取るのも一つの方法です。

 

下北半島観光

下北半島の観光地といえば、恐山、大間、尻屋崎、佐多岬。

下北駅から出るバスは、

恐山行きが片道約900円で所要時間が50分。大間が片道約2100円で所要時間が2時間、

尻屋崎が片道約1500円で1時間半。

一緒に大湊線に乗っていた鉄道旅主は恐山菩提寺行きのバスに乗っていきました。レンタカーを使わずに下北半島を観光するならば恐山一択になると思います。

f:id:sMasa:20210920001122j:image

一人旅だったとしても、バスで大間や尻屋崎にバスで行くのであれば、時間の自由が効くレンタカーを借りても料金はあまり変わらないので、下北半島をゆっくり観光するならば、是非ともレンタカーを。

バスをお見送りした後は、駅近くのトヨタレンタカーショップへ。通り道のオブジェには

ようこそ下北へ の文字が。

これで本州最南端、最北端の駅に訪れることができました。

※参考記事

大阪発 枕崎線鹿児島鉄道旅 駅メモ九州遠征 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

f:id:sMasa:20210920000941j:image

今回は同行者がいるので、5000円でトヨタのレンタカーを借りて下北半島観光。残りの大湊をレーダーで取得して、駅メモはしばらく一休み。

下北半島観光は別記事に記載しました。レンタカーでの恐山、尻屋崎灯台はこちらから。

※参考記事

レンタカーでの観光は朝9時から17時頃まで存分に遊んでガソリン代金含めて二人で6000円。通行止めさえ無ければ大間にも寄り道することができたと思います。

八戸接続の最終列車の一本前の列車に乗って本日の目的地の本八戸に向かいます。

f:id:sMasa:20210920002714j:image

駅メモのUターンはお休みの時間。駅メモのポチポチをしなくて良い安心感でグッスリ眠れます。

 f:id:sMasa:20210920002230j:image

夕暮れ時の大湊線では陸奥湾に沈む夕日を眺めます。夕日が見えるのも束の間で、防雪林の景色に様変わり。

f:id:sMasa:20210920195306j:image

気づいた頃にはいつの間にか野辺地駅に到着していました。

 

青い森鉄道 野辺地〜八戸

大湊線を取得した後は、青い森鉄道に乗って八戸まで。今回の編成はロングシートです。

f:id:sMasa:20210920213452j:image

f:id:sMasa:20210920213702j:image

野辺地駅と三沢駅でレーダーを飛ばして廃線の南部縦貫鉄道と十和田観光鉄道を取得しておきます。東北新幹線も忘れずに。

f:id:sMasa:20210920145214j:image

鉄道旅で18時を過ぎると真っ暗になり景色は見えなくなり、ポチポチする以外何もすることができません。

快速列車なので通過駅を取り逃がさないように八戸駅までひたすらポチポチ。あたりにビルの光が見え始め、八戸駅に到着しました。

このまま折り返して青森駅まで戻れば、次の日の朝にオプション券を使って北海道に入ることができるので日程を一日短縮できます。

今回の遠征目的の一つが青森観光。明日の本八戸の朝市に行くため、もう少し続きます。

 

八戸線 ドラクエウォーク

夏場の毎週日曜日に八戸で開催される館鼻岸壁朝市は青森県の有名な観光スポット。本日の目的地の本八戸に進みます。

f:id:sMasa:20210928191453j:image

 

東日本でよく見かけるNEWDAYSは関西にはない食品やお菓子が並んでいます。八戸駅のNEWDAYSにある青森限定のナポリン味のヨーグルッペはデカビタCの味。飲み比べた結果リンゴ味が一番美味しいそうな。

乗り換え待ち時間を使ってNEWDAYSを覗いてみてはいかがでしょう。何か掘り出し物が見つかるかもしれません。トイレも済ませて八戸線に乗車します。

f:id:sMasa:20210929114633j:image

八戸八食センターはドラクエウォークのお土産スポットになっています。電車内から取得することができませんでした。

(忍者スキルを使えばクエスト開放できるそうです。)

夕方を過ぎるとバスがないため、最寄り駅の長苗代駅から徒歩で25分。八戸線の列車間隔が一時間なので急げばギリギリ往復できるはず。途中下車して歩きます。

f:id:sMasa:20210926232959j:image

しばらく歩くと遠くの方に八食センターの光が見えてきます。長苗代駅周辺にはコンビニもありません。

f:id:sMasa:20210926232603j:image

幹線道路を歩いているのは筆者達ぐらい。車がビュンビュンと走り去っていきます。タクシーが通る気配はありません。

f:id:sMasa:20210926232621j:image

ようやく八食センターに到着。お土産クエストを開放できました。

f:id:sMasa:20210926232434j:image

 

TVの旅番組で真っ暗な中、長距離を歩くシーンをよく見かけますが、その辛さが身に沁みます。八食センターに行くならば八戸からのバスを利用して下さい。

f:id:sMasa:20210926232112j:image

八食センターを一通り見る限り、TVでも取り上げられている観光市場なので値段設定はやや高め。市場の近くなので鮮度や味は値段相応かと思います。

f:id:sMasa:20210926232003j:image

あまりゆっくりしている間はなく、来た道を戻ります。電車の到着時間までにはなんとか戻らないと。同じ距離でも帰り道は距離感がわかるので辛さも半分。

f:id:sMasa:20210926232241j:image

長苗代駅には一組の若いカップルが。恐らくデートが終わって帰る所でしょうか。

筆者達が来たことによって、少し余所余所しい雰囲気に。筆者達が来なければ、人の来ないローカル駅でイチャイチャできたはずでしょうに。申し訳ないことをしました。

「私達のことは気にせずに………」

なんて言っても無理ですね。

f:id:sMasa:20210926232920j:image

車内に人はほとんどおらずカップル達は無事にクロスシートでイチャイチャと。本八戸までの短い時間でもラブラブな時間を過ごせて何よりです。

f:id:sMasa:20210928174818j:image

片方が運転しなければならない車の移動とは違い、鉄道旅では目的地まで二人で何もしなくて良い自由な時間を過ごせる。加えて、到着までの限られた時間というのが、より一層一緒にいたいと思わせるよね。

なんて、誰かが言っていました。

 

言っていることはよくわかりますが、筆者達はそんな次元を越えて、ひたすら駅メモをポチポチ。駅メモ鉄道旅は、そんなロマンチックさを越えた果てしない所にあります。

f:id:sMasa:20210928193606j:image

駅構内には朝市の臨時列車のお知らせ。この館鼻岸壁朝市に行くには早朝に出ている臨時バス又は臨時列車を使います。

しかし、朝5時半発とは…………。朝9時には朝市が終わるので仕方ありません。

f:id:sMasa:20210929000924j:image

本八戸の繁華街は駅から少し離れた国道沿いにありますが、明日は朝が早いので、三陸鉄道の別遠征の時にでも立ち寄ります。

今日は夜ご飯を食べて終了予定。本八戸駅前で見つけた昔ながらの洋食屋さんは懐かしい匂いがします。長苗代で歩いて疲れたこともありすぐに入店しました。

学生街の喫茶店

学生街の喫茶店

  • ガロ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

f:id:sMasa:20210920150016j:image

ご夫婦さんが営んでいるいるお店で、トンカツ、ハンバーグともにとても美味しい。何気ない料理ではありますが、焼き方と揚げ方が上手いのか、長年続いている店の味はさすがだと思える味です。

ご飯を食べた後は、ホテルに入って明日の朝市に行くための準備をして就寝。次回は館鼻岸壁朝市に行きます。

本日はこれにて終了。明日へ続きます。

東日本パス青春18きっぷ 青森観光 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

下北半島観光はこちらから

青森発 青春18きっぷ下北半島観光 むつ市の旅 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

♯121

八戸〜野辺地〜青森区間は青春18きっぷ特例で通過することができます。下北半島を回って八戸から青森へ戻り、翌日に北海道へ行けば工程を一日短縮できます。

間に合わなそうならば、三陸鉄道に乗って八戸線や山田線を回るときに、八戸〜野辺地区間を往復しましょう。

f:id:sMasa:20210928180042j:image

 

工程があわずに八戸での宿泊が土日にならないのであれば、そのまま青森に戻り翌日に北海道に行っても良いように思います。

次の日に訪れた漁港近くの朝市は、海産物の値段も安く味も絶品です。八戸朝市に行かれるのであれば、宿泊場所は、八戸、本八戸、陸奥湊のあたりが丁度良いです。

ここは、絶対にオススメしたいスポットです。八戸あたりに来るのであれば、土曜日に宿泊できるように、上手に工程を組んでほしいと思います。

次回の東北遠征では盛岡〜八戸〜宮古〜山田線で盛岡に行く予定にしていますので、駅メモ旅を通じてもう一度八戸に来ることが出来そうです。