関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

大阪発 駅メモ攻略 駅メモ全駅、全鉄道路線制覇を目指して、青春18切符や高速バスを含めて移動記録をのんびり更新していきます。攻略情報ではないので参考程度に考えていただければありがたいです。

長崎本線 駅メモ九州攻略 長崎鉄道旅

九州北部 お得きっぷ鉄道旅②-①

昨日は福岡県の田川エリアをコンプリートしました。

☆1日目

小倉→添田→日田→湯布院→博多→新飯塚→黒崎

★2日目

黒崎7:36→8:16香椎8:33→8:54西戸崎9:01→9:20香椎9:34→9:44博多9:55→11:56長崎→長崎市電(長崎観光)

→翌朝→帰宅

※青春18きっぷの場合

黒崎9:15→9:58香椎10:10→10:29西戸崎10:39→10:59香椎11:12→11:59鳥栖12:04→15:24長崎

f:id:sMasa:20220605172455j:image

前回の続きです。

駅メモ 福岡県攻略 筑豊エリア - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

黒崎駅から香椎線を取得して長崎に向かいます。

長崎本線 西九州新幹線

2022年秋頃に西九州新幹線が開通すれば、

長崎、諫早、嬉野温泉、武雄温泉の新駅が設置されて、その後に佐賀、鳥栖、博多と延伸される予定です。

西九州新幹線が開通すれば、長崎本線の肥前山口〜諫早区間は第三セクターになると思います。さらに全線が開通したならば、長崎本線自体が第三セクターになるため、青春18きっぷだけでは博多〜長崎の移動ができなくなります。

今後は、第三セクター路線を絡めたお得切符も発売されるとは思いますが、青春18きっぷを使用する予定ならば早めに長崎本線を乗車しておくほうが良いように思います。

 

小倉〜香椎

本日は黒崎駅からのスタートです。時間がなくて食べれませんが、九州の立ち食いうどんは有名なのだそう。中でも、ゴボウ天ぷらのトッピングが絶対オススメなのだとか。

f:id:sMasa:20220519232605j:image

f:id:sMasa:20220519232723j:image

みんなの九州きっぷの有効期間は二日間。本日も特急乗り放題。快速列車でもそんなに時間は変わりませんが、特急で香椎駅まで。

f:id:sMasa:20220605160350j:image

香椎線の終点の西戸崎駅は福岡ドームや香椎周辺からどんなにがんばってもレーダーが届きません。また途中駅でレーダーを使用した時間短縮もできないので、西戸崎駅に向かうにあたり往復一時間を見ておく必要があります。わずか6駅の簡単そうな路線でも後に残すと苦労します。

香椎線のホームでは、秋田で見たような蓄電車が止まっています。九州の愛称はデンチャ。秋田でみたアキュムと同じ車両です。

※参考記事

f:id:sMasa:20220521182317j:image

海の中道線の愛称の香椎線の車窓は普通の住宅街が続きます。

f:id:sMasa:20220521183916j:image

市街地部分を抜けると夏フェスやイベントが開催されそうな大きな敷地が見えてきます。海の中道線は、関西の咲洲や舞洲のような地域でした。

f:id:sMasa:20220521184125j:image

西戸崎駅に到着しました。駅前は流行りのアルファベッドのモニュメント。最近良く見るようになりました。インスタグラムが流行っているおかげかな。

f:id:sMasa:20220521183258j:image

西戸崎駅は海の対岸に博多市内が見えて綺麗な所ではあります。今は海岸線が剥き出しで、下車していくのは釣り人ぐらいですが、いずれ再開発が入れば有名なデートスポットにもなりそうです。

ここはどこ? 

とかのクイズに使われそうな風景。

f:id:sMasa:20220521184428j:image

西戸崎から少し離れた乗船場から博多港まで渡し船がでています。渡し船に乗るよりも香椎経由で折り返す方が早いのでそのまま折り返し。

西戸崎での滞在時間はデンチャの充電時間の15分ぐらい。このまま香椎駅に戻ります。

みんなの九州きっぷは、香椎から博多までのような僅かな区間でも特急に乗り放題。普通列車や快速列車を待つ人達より一足先に博多まで。ちょっとしたセレブ気分です。

f:id:sMasa:20220612150848j:image

わずかな区間でも検札に来る係員さん。仕事を増やしてごめんなさい。

f:id:sMasa:20220605170034j:image

博多駅に到着しました。博多から長崎に向かう特急は1時間に一本なので乗り遅れないように。

 

長崎本線 鉄道旅

長崎本線は、博多から長崎まで特急で2時間半、普通列車でうまく乗り継いだとしても約4時間かかる長距離路線です。

長崎本線を青春18きっぷで乗り通す場合、肥前山口〜諫早区間を経由する普通列車が一日5本しかなく、17時を過ぎれば普通列車もなくなるので計画を立てるのも一苦労。

6時間かけて佐世保線を経由するか、限られた接続列車に乗る計画を立てるかのどちらかの18キッパー泣かせの路線になります。

長崎本線の有明海を走る部分はアイテムでのコンプリートができず乗車するしかありません。博多〜長崎区間の移動は特急が望ましい限りです。

f:id:sMasa:20220618181250j:image

長崎行きの特急かもめに乗りこみます。新型特急ならばこそのコンセント。観光列車のような凝った内装よりもこれが一番嬉しかったりします。

f:id:sMasa:20220519233205j:image

九州名物のおにぎりを片手に特急に。駅のコンビニに売っている普通のおにぎりですが、九州でしか見かけない鶏めしおにぎり。

これがなかなか美味しい。

f:id:sMasa:20220603140808j:image

鳥栖駅のスタジアムが見えてきます。鹿児島本線で一瞬だけ入ることのできる佐賀県。

f:id:sMasa:20220605173027j:image

普通列車で長崎本線を乗り通す場合、午前中に長崎につくためには、鳥栖に7時発の列車に乗らなければなりません。

青春18きっぷならば、夕方に長崎について一日目に夜景を、二日目に市内観光をして長崎空港から帰るぐらいですが、長崎市内から空港までバスで約一時間。夕方のフライトならば、15時前には出発しなければならず観光するにしても物足りない気がします。長崎をきちんと観光するならば、最低でも1日半〜2日は欲しいです。

鳥栖駅から肥前山口にかけて田園風景が続きます。生えているお米はきっとサガビヨリ。ドラクエウォークのお土産スポットの吉野ケ里遺跡付近を通りますが、列車からのクエスト解放はできません。

f:id:sMasa:20220603140914j:image

肥前山口駅で佐世保線に向けてレーダーを使用しておきます。残るは早岐から飛ばしてコンプリート予定。

普通列車の場合はここで接続待ちになります。ダイヤが合わない場合は、大村線に回って長崎に行くほうが早くつくかも。

f:id:sMasa:20220521174751j:image


f:id:sMasa:20220605173851j:image

肥前山口駅を過ぎれば、有明海に沿って長崎に向かいます。晴れていれば良かったけれど残念ながら天気はどんより。晴れていれば水平線の近くに熊本県が見えるはずです。

曇天

曇天

  • DOES
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

曇天

曇天

  • DOES
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

f:id:sMasa:20220521175024j:image

f:id:sMasa:20220605175550j:image

景色はひたすら海岸線。曇っているのが残念です。

f:id:sMasa:20220605173953j:image

f:id:sMasa:20220605174024j:image

水平線あたりに島原半島の陸地が見え始めれば、もう間もなく長崎県に突入。

f:id:sMasa:20220605175807j:image

f:id:sMasa:20220605174201j:image

海岸が途切れて諫早駅までこれば、長崎駅は目と鼻の先。諫早駅周辺は今でこそ大きな空地になっていますが、新幹線が走るようになればこの景色も様変わりしてそうです。f:id:sMasa:20220605175447j:image

f:id:sMasa:20220521175845j:image

駅メモを始めてから、全都道府県に訪れることができました。軽く自慢できると思っていましたが、まさか全都道府県を踏破した駅メモerが4000人近くいるとは…………。

f:id:sMasa:20220605173327j:image

ここで全駅コンプリートまで残り約1000駅になりました。

 

長崎本線 諫早〜長崎

諫早〜長崎区間は線路が分かれています。特急は南側のトンネル路線を走りますので、諫早を出た後は、線路合流まで電波が入らりません。トンネルに入る前に北側の分岐路線をレーダーで取得しておきます。

トンネルを抜ければすぐに西浦上駅を通過し高架を駆け上がっていきます。長崎市電の北端の赤迫駅付近は最初からオモイダースとレーダーで取得するぐらいでいましょう。

f:id:sMasa:20220520142153j:image

長崎駅に近づくに連れて、街並みは都市の景色に変わって行きます。

f:id:sMasa:20220520142212j:image

長崎駅は改装されていて、昔に来た時に比べて随分綺麗になりました。新しい長崎駅では在来線のホームから新幹線が見えるようになっています。これがなかなか珍しいらしく他に見える駅といえば山形県の新庄駅ぐらい。

※参考記事

f:id:sMasa:20220520142254j:image

長崎に到着するまでに、西浦上周辺の路面電車を取り逃してしまった場合、路面電車を折り返してでも取得しておくほうが良いと思います。

長崎駅を出発する多くの高速バスは出島周辺にあるトンネルを使って諫早に戻ります。そのため、諫早〜浦上周辺はバスからレーダーで取得できません。

f:id:sMasa:20220521180105j:image

長崎駅ホームから長いエスカレーターを降りて改札へ。まだガランとしていますが、新幹線が開通すれば観光客も多くなりそうです。それにしても、以前の終着駅感のあった長崎駅はどこかに行ってしまいました。

f:id:sMasa:20220605181724j:image

長崎駅の構内は、かもめ市場という飲食店とお土産さんが一体になった商業施設があります。ここでは、五島うどん、長崎ちゃんぽん、トルコライスのようなご当地グルメの店やお土産屋さんが一通り揃っています。

f:id:sMasa:20220605181857j:image

オススメのお土産は皿うどん。太い皿うどんは長崎でしか見かけません。

麺が太いだけでも食感が違って、全く違う食べ物です。長崎で見かける飲食店のメニューは他の地域ではあまり見かけません。

日本の中でも独特の歴史ある長崎市内は食文化や街並みも他の地域では見かけない独特なものになっていて、一泊してゆっくり回りたいオススメの観光地です。

f:id:sMasa:20220619022354j:image

まだ昼過ぎですが、今回の駅メモ遠征はこれで終了。

これで九州の残す所は、

宮崎→熊本→島原→佐世保→唐津→博多

を回るだけです。肥薩線の人吉〜吉松区間の復旧見込も立っておらず、九州コンプリートは長崎新幹線が開通してからなりそうです。

この後は長崎市電を回りながら、長崎市内を観光します。次回の長崎観光に続きます。

旅の思い出 長崎観光 長崎新幹線 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

♯147

長崎駅から折り返すにあたり、21時頃までであれば大阪に帰る夜行バスや博多行きの最終列車がありますので、長崎市電を乗り潰してから折り返すことも可能です。

ただ、駅メモ旅では諫早で長崎本線と島原鉄道、大村線が十字に交差しています。長崎から折り返す場合、

長崎→諫早→島原→諫早→佐世保→平戸→博多

と私鉄路線を通ることになりJRのフリーきっぷではなく、別のお得きっぷで回る方が良い区間になります。

f:id:sMasa:20220612163352j:image

また逆に大阪から長崎空港に入り長崎をスタート地点にするにしても、長崎空港から長崎市内までバスで1時間はかかります。

到着後に急いで長崎市電をコンプリートしても夕方前になるので、九州フリーきっぷはあまり利用できません。ほとんどの長崎遠征では長崎で一泊して翌朝出発、又は、ゴール地点にするしかないと思います。

長崎は歴史ある街の長崎市内は独特な食文化や街並みのある観光地になっています。せっかく九州の最西端の長崎まで来たのであれば、一泊してゆっくり観光するのがオススメです。

トップ画面