関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

大阪発 駅メモ攻略 駅メモ全駅、全鉄道路線制覇を目指して、青春18切符や高速バスを含めて移動記録をのんびり更新していきます。攻略情報ではないので参考程度に考えていただければありがたいです。

伊勢志摩 まわりゃんせ 鳥羽観光

近鉄電車お得切符

本日は大阪から伊勢志摩へ観光旅行。

関西→伊勢→鳥羽→賢島

f:id:sMasa:20221112205748j:image

以前の近鉄電車三日間乗り放題の格安切符を使った駅メモ旅はこちら。

近鉄周遊切符で乗り鉄旅④-②駅メモ三重県攻略 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

今回は普通に観光。近鉄電車のお得切符を使って伊勢志摩を回ります。

 

まわりゃんせ 近鉄電車

近鉄電車のお得きっぷの一つのまわりゃんせは、

・伊勢エリアまでの特急券往復きっぷ

・松阪〜賢島の近鉄電車と伊勢志摩のバス乗り放題きっぷ

・各観光施設の入場券

が4日間有効で値段が9900円と、伊勢志摩観光にお得なセット切符になっています。

近鉄全線の一日券は販売されておらず、三日間有効な週末フリー切符の4200円のみ。近鉄1回券は金券ショップで1800円なので、まわりゃんせ切符では観光施設で5700〜6000円相当の施設に行けば元が取れます。

伊勢志摩の観光地は伊勢、二見、鳥羽、賢島の4つのエリアに分かれています。伊勢駅は伊勢神宮、二見駅は夫婦岩に戦国時代村、鳥羽駅は水族館や真珠島。これに加えて賢島(鵜方)のスペイン村。

まわりゃんせ切符に含まれるこれらの魅力的な施設で持て余すことはないはずです。一泊二日でも2つ以上の施設を回ることになるはずなので伊勢志摩の旅行ならばまわりゃんせ切符を活用しましょう。

近鉄特急 大阪から三重

鶴橋で近鉄特急に乗車します。前回の駅メモ旅では早朝から急行で3時間かけて乗車しました。特急を使えば鳥羽まで乗り換え無しで二時間。さらに特急はクロスシートなので移動も楽ちん。

f:id:sMasa:20221123101720j:image

鳥羽まで乗り換え無しで行ける特急は一時間に一本。観光特急しまかぜならば、より快適に移動できるかと思いますが、追加料金がかかるのでまたそのうちに。

f:id:sMasa:20221123124741j:image

名古屋方面の接続駅の伊勢中川駅から駅看板に赤福の文字が見え始めます。駅看板を見ればどこも赤福、赤福。

伊勢中川駅から約40分で鳥羽駅に到着しました。鳥羽駅ももちろん赤福。

f:id:sMasa:20221123102049j:image

大阪からでは鳥羽への到着が10時近くになるので一日目は鳥羽観光が理想的。まずはフェリー乗り場へ。

 

鳥羽観光 伊勢旅一日目

鳥羽周辺の観光スポットはイルカ島、鳥羽水族館、ミキモト真珠島。どれもまわりゃんせ切符で入ることができます。イルカ島へ渡る遊覧船が一時間に一本なので、このフェリーの時間を中心に予定を組みましょう。

鳥羽散策 イルカ島と英虞湾遊覧船

鳥羽三番街の通路を抜けてフェリー乗り場まで。フェリーの往復とイルカ島の滞在で、二時間半を見ておけば良いです。

f:id:sMasa:20221123103018j:image
f:id:sMasa:20221123102828j:image

遊覧船から伊勢湾の小さな島々が見えてきます。日本三景の一つに加えても良いぐらいの綺麗さです。それにしても晴れて良かった。

f:id:sMasa:20221123104233j:image

そんな景色の中、悲壮感溢れる浦島太郎。

f:id:sMasa:20221123105423j:image

遊覧船の代金にはイルカ島でのアシカショーやイルカショーの代金も含まれています。もちろんまわりゃんせ切符ならば無料です。

f:id:sMasa:20221123105115j:image

丘の上の展望台近くで開催されるアシカショーまで、歩いて登るならばマンションの12階分を階段で登るぐらいの高さ。

リフト券ならば往復600円です。登りだけ利用しようにも片道400円なので値段設定が絶妙に素晴らしく上手です。

f:id:sMasa:20221123110220j:image

アシカショーの前に展望台からの景色を一枚。苦労して登った分、より一層綺麗な景色に映るはず。

f:id:sMasa:20221126140350j:image

アシカショーの後のイルカショー。この2つのショーを見終える頃に帰りの遊覧船が到着します。

f:id:sMasa:20221123115456j:image


f:id:sMasa:20221123115515j:image

12時台の遊覧船だけがないのでイルカショーを見た後は、そのまま帰りの船に乗り込むぐらいが良いかと思います。二時間待ちともなれば、食堂のカレーを食べてコーヒーを飲んだ所で時間が有り余ってしまいます。

f:id:sMasa:20221123115704j:image

イルカ島からの帰りのフェリーは、ミキモト真珠島の船着き場を経由して鳥羽駅へと循環しています。遊覧船の経路を見ても、鳥羽を回るならばまずはイルカ島がオススメ。

f:id:sMasa:20221123121126j:image

イルカ島への一般の料金は鳥羽湾の遊覧船を含んで約2000円。まわりゃんせ切符ならばこれも無料です。このまま鳥羽水族館に向かいます。

 

鳥羽水族館

鳥羽水族館の前にお昼ご飯の時間。鳥羽エリアは観光地になっているので、飲食店はどこの店も1割〜2割増。なかでもパールタウンにある飲食店は比較的安く伊勢名物が食べれるこちらはオススメ。

f:id:sMasa:20221123121455j:image

カツオを使った手こね寿司はもちろんのこと、お吸い物がとても美味しい。地域によって使われている出汁や調味料が違うので、その土地の味を楽しめるのは旅行ならでは。

f:id:sMasa:20221123121614j:image

食事を終えてそのまま鳥羽水族館へ。入口でまわりゃんせ切符を見せて、入場券を受け取ります。ここでもアシカショーやラッコの餌やりショー、セイウチの触れ合いイベントが盛りだくさん。

f:id:sMasa:20221123122034j:image

f:id:sMasa:20221123122337j:image

鳥羽水族館は順路がなく行ったり来たり。端から端までかなり距離があるので計画的に。自由に見ることができるのが鳥羽水族館の良いところです。

f:id:sMasa:20221123122626j:image

ジュゴンが華麗に泳いでいたり、

f:id:sMasa:20221123122738j:image

アスレチックやフードコートも大人気。

f:id:sMasa:20221123123050j:image

鳥羽水族館は各人の好みによりますが、3〜4時間ぐらいを見ておけばよいかと思います。一泊二日であればミキモト真珠島や夫婦岩のある二見エリアに向かうぐらいでもよいかと。

もしも14時台の鳥羽発伊勢行の路線バスに乗ることができるならば、そのまま戦国時代村まで遊びに行けると思います。

伊勢電車旅 鳥羽駅前散策

鳥羽水族館から鳥羽駅まで伊勢湾の島々を見ながら歩ける遊歩道になっています。

f:id:sMasa:20221126142432j:image

駅前のバスロータリーには鳥羽一郎の銅像………ではなくて、誰かの銅像。

f:id:sMasa:20221126142525j:image

鳥羽と聞いて何故か鳥羽一郎が思い浮かぶのは筆者だけではないはずです。

志摩半島

志摩半島

  • 鳥羽一郎
  • 演歌
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

本日は鳥羽で一泊します。その前におやつの時間。ローカルグルメの、とバーガー。

f:id:sMasa:20221123143354j:image

鳥羽三番街の三階にある喫茶店で提供されています。海老マヨのソースが和えられた蛸の唐揚げを挟んだご当地グルメは、バーガーではなくホットドック。記念に食べてみるぐらいには良いのではないでしょうか。

 

食べ歩きをするにも伊勢や鳥羽周辺の施設は17時〜18時には閉まってしまうので注意してください。そのため、鳥羽で宿泊するならば夕食付きのホテルは必須です。夜まで開いているのは駅前の居酒屋ぐらいでした。

f:id:sMasa:20221123144242j:image

本日はこれで終了して、翌日はスペイン村に行きます。

 

まわりゃんせスペイン村 伊勢旅二日目

松阪〜賢島区間の特急はまわりゃんせ切符で4回まで乗ることができます。

スペイン村の最寄り駅の鵜方駅まで、普通列車でも15分ぐらいしか時間は変わらないため、あえて特急に乗る必要はありません。スペイン村行きのシャトルバスの時間に合わせて乗る電車を選びましょう。

まわりゃんせ スペイン村

鵜方駅からバスで志摩スペイン村まで。バスは何台か待機されていますので、どれだけ人が多くとも乗れないということはありません。

f:id:sMasa:20221123125411j:image

駅からスペイン村まで歩いて行くのは不可能です。バスで15分とありますが都心の路線バスと地方のバスを同じに考えては酷いことになります。まわりゃんせ切符には、もちろんこのバス代も含まれていますので安心してください。

信号のない山道を走ること15分。スペイン村のエントランス到着。こちらはドラクエウォークのお土産スポットになっています。

f:id:sMasa:20221123124247j:image

f:id:sMasa:20221123132710j:image

遊園地のコンセプトもしっかりしているのにユーチューブ等ではほとんど人がいないと言われる不思議な遊園地。

とか言われていますが、そんなことはありません。本日は土曜日なのでこの通り。

f:id:sMasa:20221123131440j:image

どのアトラクションも15分から20分待ちだったので丁度良い混み具合です。オリジナルのキャラクターもいて、それなりにアトラクションもあって遊園地のコンセプトもしっかりしています。ショータイムもダンスに歌にと、大人も楽しめます。周りを見渡せばリピーターも何人もいる模様。

f:id:sMasa:20221123132858j:image

アトラクションエリアも子供から大人まで楽しめる乗り物は盛り沢山。ピレネーに至っては相当な絶叫アトラクションです。

f:id:sMasa:20221123135005j:image

アトラクションエリアから外れのスペイン風な通り道では、インスタグラム目的にあちらこちらで撮影をしています。

f:id:sMasa:20221123135617j:image

角度や画角がどうたらこうたらと…………

いちいち注文が多いな、本当に。

f:id:sMasa:20221123135716j:image


f:id:sMasa:20221123135803j:image

土曜日、日曜日ならばスペイン村で丸一日を過ごすことができると思います。そんなスペイン村もまわりゃんせならばパスポート付で入場料が無料です。早く遊び尽くしたならば、併設されているひまわりの湯で、温泉でホッコリ。まわりゃんせならば、鳥羽湾を見渡せる露天風呂も無料です。

大人から子供、ファミリーからカップルまで全員が楽しめるテーマパークのスペイン村は、もっと混んでいても良さそうな氣がします。USJやディズニーのように各都市から直接テーマパークに向かうバスツアーやバス宿泊プランでもあればもっと賑わうのではないでしょうか。

スペイン村で遊び終えた後は、鳥羽に戻ってお土産屋さんを物色。伊勢名物の赤福餅は既に売り切れ。大阪駅のセブンイレブンで販売されていても見向きもしませんが、伊勢に来ると欲しくなるのが赤福餅。

店員さんの話では14時すぎには売り切れてしまうとのことなので購入するならお早めに。

f:id:sMasa:20221123162751j:image

一日スペイン村で遊んで、明日の最終日は伊勢エリアを回ります。

 

まわりゃんせ 伊勢旅三日目

伊勢・二見エリアの観光は、伊勢神宮のおかげ横丁と戦国時代村。戦国時代村へは夫婦岩と合わせて鳥羽からバスでの移動がオススメです。今回は忍者キングダムへ。

 
伊勢観光 戦国忍者キングダム

鳥羽駅前から二見行きのバス乗り場は、鳥羽一番街の隣にあります。バスは夫婦岩、戦国時代村を経由して伊勢市に向かいます。これらの施設は駅から遠いので、JRや近鉄電車に乗るよりもバスでの移動がオススメです。

f:id:sMasa:20221125235707j:image

f:id:sMasa:20221123145229j:image

三重交通のバスもまわりゃんせで乗り放題。途中経由する夫婦岩のある伊勢シーパラダイスは、まわりゃんせで入ることができませんが、次のバスまでの間に、食べ歩きや参拝をしながら二見エリア観光ができると思います。

夫婦岩はドラクエウォークのお土産スポットになっていて、夫婦岩バス停付近でバス内からでもクエスト解放できました。

鳥羽から約20分で忍者キングダムに到着。忍者キングダムは戦国時代村から何度も名前を変えて今に至ります。全部で5回近く変わっているそうな。

f:id:sMasa:20221123162210j:image

重厚感のある門を抜けるとそこは忍者の街。まわりゃんせならばこちらも無料。駐車場には多くの車が泊まっていましたが、ほとんどが併設されたスーパー銭湯に来ているようで、施設内は筆者と同行者の貸し切り状態。フリーパスでこれだけ大きな施設を貸し切りとはセレブの贅沢な遊びです。昔に憧れたテーマパーク貸切を体験できました。

f:id:sMasa:20221123162239j:image

忍者キングダムではインスタ映えしそうな写真が撮れそうです。

f:id:sMasa:20221126002056j:image

f:id:sMasa:20221126002131j:image

山田奉行所で開催される演劇は20分と短い時間でしたが、戦国時代村の中で一番面白いイベントでした。プロの役者さんの舞台を無料で見れるのは、とてもお得です。

f:id:sMasa:20221125235848j:image

演劇の後には、

「おひねりを是非とも」

ナレーションがあります。

観客は筆者と同行者の二人だけなので、もう投げないわけにいきません。

せめて気持ちだけでもと、缶コーヒーを買えるくらいの小銭を巻き付けます。

彼等はユーチューブをやっているらしく、

「忍者ちゃんねる」

で検索すると出てきますので、是非ともチャンネル登録を。

メイン通りから見える安土城は、ホテルに改装中とのこと。ホテルの周りの城下町や、スーパー銭湯、プロジェクションマッピング等、ホテルが完成すれば戦国時代にちなんだイベントも開催されると思いますので、戦国リゾートとして人気が出るかもしれません。行くならば混み合う前の今のうちに。

f:id:sMasa:20221126002308j:image

忍者キングダムは2時間もあれば、それなりに満足できるかと思います。

帰りはバスで伊勢方面へ。見慣れない土地でのバス乗車は不安が付き物。バスがなかなか来なかった時の不安はたまらないものがあります。鉄道と違ってバスは時間通りに来ないので、10分前にはバス停で待機を。

f:id:sMasa:20221126001521j:image

伊勢市駅までバスで40分。伊勢といえば、おかげ横丁の食べ歩きと伊勢神宮参拝。

食べ歩きしながら伊勢神宮参拝を終える頃には頃合い良く帰る時間になっていると思います。帰りはもちろん近鉄特急で大阪まで。

みんな考えることは一緒で17時を過ぎたあたりから指定席が一気に埋まって行きます。早めに帰りの電車の予定を決めて座席指定をしておきましょう。

f:id:sMasa:20221126001218j:image

車窓は真っ暗なのでリクライニングのある特急シートでグッスリ。今回の伊勢志摩旅行はこれにて終了。

次の電車旅はこちら

 

 

#153

まわりゃんせ切符の有効期間は四日間。伊勢志摩観光は鳥羽で一日、伊勢で一日、スペイン村で一日と二泊三日が理想的で、観光をするのに、これほどお得な切符はありません。二日間だけだったとしても9900円の元が簡単に取れるはずです。

電車旅ならば宿泊先は鳥羽エリアか伊勢エリアのどちらかになります。伊勢志摩のホテル自体は温泉や食事付であったとしても、他の観光エリアに比べて安く設定されていると思います。

まわりゃんせ切符だけで観光スポットを一通り楽しめる伊勢志摩は、関西や名古屋のカップルやファミリーにオススメの旅行先です。