関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

大阪発 駅メモ攻略 駅メモ全駅、全鉄道路線制覇を目指して、青春18切符や高速バスを含めて移動記録をのんびり更新していきます。攻略情報ではないので参考程度に考えていただければありがたいです。

【再訪】駅メモ 四国新駅回収

青春18きっぷ 四国遠征 新駅回収①

今回は青春18きっぷを使って四国にできた新駅を回収します。ついでに四国のドラクエウォークお土産も。

★1日目

大阪→姫路→岡山→10:11坂出10:12→琴平11:00→特急ワープ→11:23阿波池田11:26→バス→祖谷の吊り橋→バス→大歩危→高知

(→和食→高知→高速バス→松山)

f:id:sMasa:20240403233923j:image

☆2日目

松山→今治→しまなみ街道→福山→岡山→播州赤穂→大阪

前回の鉄道旅

【再訪】駅メモ旅行記 北陸本線鉄道旅 ドラクエウォーク - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

北陸新幹線開通前に青春18きっぷを使って北陸本線の新駅とDQWのお土産回収。

 

ドラクエウォーク 四国 鉄道旅

鉄道旅でドラクエウォークの四国お土産を取得するにあたり、岡山県と合わせて四国を三分割して考えました。

今回は①のエリア。

f:id:sMasa:20240406030930j:image

四国観光地名所地図より画像引用)

取得予定のお土産は

・琴平駅

・かずら橋

・道後温泉

・大山祇神社

四国のお土産をコンプリートするには何度か高知まで足を運ばなければなりません。駅メモを始めた時にはドラクエウォークが無かったので、今回は愛媛県の南伊予駅と高知県の病院前駅の新駅回収を兼ねて、青春18きっぷを使ってドラクエウォーク鉄道旅。

四国駅メモ攻略はこちら。

 

青春18きっぷ 大阪〜琴平

本日は早朝の大阪駅から快速に乗ってスタート。今年はいつもより人が多くとても窮屈。隣に体が大きな人が乗ればなおさら……。こればかりは運次第。

f:id:sMasa:20240402184602j:image

Bling-Bang-Bang-Born

Bling-Bang-Bang-Born

  • Creepy Nuts
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

18キッパーに埋め尽くされた快速に乗って姫路駅に到着。岡山行きの列車は先発便で来た人達が既に座っています。姫路駅でスタートダッシュした所で座席を確保するのは到底不可能。にも関わらず急いで乗り換える人達のおかげでモザイクだらけ。

f:id:sMasa:20240402185141j:image

岡山行きの黄色電車は乗るだけでも一苦労。一本早い先発便に乗ったとしても座れるかどうかなので、この際、姫路〜岡山区間は潔く座るのを諦めるぐらいが丁度良いです。

f:id:sMasa:20240402184849j:image

仮に座れたとしても1時間半を満員電車で過ごすのは流石に辛いもの。途中駅で乗ってくる地元民は

「またこの時期か…」

なんて、諦めている様子。

f:id:sMasa:20240403000212j:image

姫路〜岡山区間の途中にある和気駅では、

「青春18きっぷの旅行者の方々。和気で途中下車すれば、15分後に発車する列車に乗ってゆっくり座って旅できますよ」

なんてアナウンスが流れるくらい18キッパー達で混みあいます。

このまま広島方面に進んだとしても岡山発三原行きの列車には座れないと思います。和気駅で列車をズラしても三原で同じ接続列車に合流するので、ゆっくり座って鉄道旅を楽しんでみてはいかがでしょう。隙間を塗った工程を組めるようになれば鉄道旅上級者。

※ダイヤ改正で接続が変わるので最新の時刻表を確認して下さい。

f:id:sMasa:20240404205050j:image

岡山駅で四国、津山、広島の3つの路線に分かれます。人気のなさそうな四国行きならばゆっくり座れるかと思いきや、乗る前から電車は満員状態。何故か今年は18キッパーが多いこと。

※参考記事

高松遠征~大阪発青春18きっぷ日帰り旅① 香川金比羅宮~岡山 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

f:id:sMasa:20240402220002j:image

f:id:sMasa:20240407133339j:image

児島駅周辺にあるDQWお土産スポットの鷲羽山展望台は電車内からクエスト開放ができません。改めて小豆島や香川県のお土産と合わせて取得します。

駅メモ開始以来2回目の瀬戸大橋。駅メモを始めなければ渡ることもなかったように思います。どこかに旅するきっかけを作るのは駅メモならでは。

f:id:sMasa:20240402221254j:image

遠征当初は瀬戸大橋を渡り終えた後の大きなカーブから瀬戸大橋が見えて初めて、四国入を実感したものですが、2回目ともなれば、

「あぁ」

なんて感じ。

f:id:sMasa:20240402221444j:image

坂出駅で対面ホームに止まっている琴平行きの電車に急いで乗り換え。こちらの電車も乗る前から既に座席が埋まっています。

風貌を見る限り、座っている人のほとんどが青春18キッパー。どうやら琴平も関西からの日帰りの旅先になった様子。みんな筆者のブログを見てくれたのかしら。

※参考記事

高松遠征~大阪発青春18きっぷ日帰り旅① 香川金比羅宮~岡山 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

f:id:sMasa:20240402222008j:image

琴平に向けて田舎のよくある風景を見ながら進みます。宇多津や丸亀で何人かが下車したものの乗客のほとんどが終点の琴平まで乗ったまま。

f:id:sMasa:20240404213348j:image

途中で座ることを諦めました。長距離の遠征で、ずっと立ちっぱなしなのも辛いと思います。せめて大阪〜姫路区間ぐらいは座れるようにしたいものです。

f:id:sMasa:20240407133900j:image

琴平駅のホームからドラクエウォークのお土産が取得できるので、琴平駅は特急で通り抜けても大丈夫。

f:id:sMasa:20240402222717j:image

青春18きっぷで高知方面に進む場合、琴平から一部区間だけを特急ワープしても高知につながる普通列車に接続しません。

阿波池田行きの普通列車が来るのは約1時間後。この待ち時間を使えば金刀比羅宮の大門ぐらいは見に行けるはず。せっかくの接続待ち時間は駅前散策にでも費やしましょう。この接続待ち時間も青春18きっぷ旅の醍醐味です。

かずら橋へ寄り道するならば迷わず特急ワープ。11:00発の特急に乗れば阿波池田11:26発の久保行き(かずら橋経由)のバスに接続します。観光特急の千年物語は予約が必要なので工程から外すように。

f:id:sMasa:20240407112234j:image

 

15分の待ち時間で駅のセブンイレブンで買い出しをしたり、琴平線琴平駅の写真を撮りに行ったり。そんな中、待合室で堂々と次の列車を待つ18キッパーは風格すら感じます。

f:id:sMasa:20240407112625j:image

琴平周辺は大きなリュックを背負った海外の人も多く、

「何故、四国に」

とか思いましたが、金刀比羅宮は海外でもメジャーなスポットのよう。リュックを背負ったまま階段を登るのはキツそうな………。

f:id:sMasa:20240403214736j:image

琴平駅にはみどりの券売機が一台しかないので、前の人がチンタラしてると特急に乗り遅れるかもしれません。駅の外に行く前に特急券ぐらいは買っておきましょう。

 
青春18きっぷ 祖谷のかずら橋

琴平駅から南側は普通列車のアクセスが悪くなるので普通列車だけで高知に辿り着くのはとても困難。青春18きっぷを使って朝6時台の快速に乗っても高知駅の到着が16時過ぎ。 途中駅で都度発生する1時間しかない接続待ち時間では観光予定も組みにくいものです。

そのため祖谷のかずら橋や大歩危を観光をするならば特急ワープは必須。

f:id:sMasa:20240402223114j:image

阿波池田11:26発かずら橋行きのバスに間に合わせるため、青春18キッパーとしての志に反したとしても、一部区間だけならば料金も許容範囲。

JR四国の特急は指定席や自由席が車両ごとに分けられておらず、指定席の売れ残りが自由席になっている感じ。

f:id:sMasa:20240402224037j:image

効率的に駅メモを。とか言いながらレーダーで取得した路線に乗ることになりました。 これも全ては新駅のせい。改めて、鉄道旅ができるのは新駅のおかげ。

※参考記事

四国バースデー切符③ 四国一周の旅 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

f:id:sMasa:20240402224525j:image

f:id:sMasa:20240402224656j:image

阿波池田駅ではバスへの乗り換え時間が短いので急いで下さい。列車遅延で乗り換えが間に合わない時は、大歩危まで特急にそのまま乗ることで同じバスに接続します。

f:id:sMasa:20240407114209j:image

かずら橋を通る久保行きのバス停は駅を出て右側のこのあたり。

f:id:sMasa:20240406142648j:image

f:id:sMasa:20240407114353j:image

かずら橋までの運賃は、

阿波池田からのバス代金が1290円と琴平からの特急料金1500円で合計2790円。

大歩危からでは、バス代金が670円と琴平からの特急料金が2440円で合計3110円。

阿波池田から行く方が少し安いです。

f:id:sMasa:20240402230020j:image

バスは吉野川に沿って走ります。座る位置は進行方向左側がオススメ。

f:id:sMasa:20240403223220j:image

所々でラフティングのアクティビティが開催されています。今回のように特急ワープを使えば午後の部の集合時間には間に合うはず。

急流で有名な吉野川のラフティングの集合場所まで2500円(特急代金+1500円)相当で行けるのは青春18きっぷぐらい。大歩危峡で川下りをして遊んでから四国で一泊する計画も良さそうです。

f:id:sMasa:20240406143954j:image

大歩危にある道の駅は、JR大歩危駅から徒歩圏内。普通列車の本数が少なく途中下車して立ち寄るのは難しそうなので、かずら橋の観光と合わせて計画を練りたいところ。

f:id:sMasa:20240407004949j:image

バスが大歩危駅に到着すると多くの乗客が乗りこみ急に満員状態に。大歩危駅〜かずら橋まで30分近くかかるので、阿波池田からバスに乗って旅するのがオススメ。

f:id:sMasa:20240407004843j:image

f:id:sMasa:20240406144125j:image

バスは急勾配な坂を上るので歩いて行くには無理がありそう。それは、自転車であってもなおのこと。

f:id:sMasa:20240406031840j:image

峠道をバスで揺られること30分。ドラクエウォークのお土産スポットのかずら橋バス停に到着。

f:id:sMasa:20240402230304j:image

ここらで食事をするのであれば、このまま夢舞台まで乗っていて下さい。バス車内からでもクエストが開放できます。

 

かずら橋のバス停のトイレは田舎のバス停にしてはまだ綺麗な方。折り返しのバスの時間まで、かずら橋周辺を散策。

f:id:sMasa:20240404001128j:image

青春18きっぷだけで祖谷のかずら橋に行くならば大歩危14:53発久保行きのバスに乗るような計画を立ててください。帰りはかずら橋15:34発か17:50発のバスに乗れば、その日のうちに高知駅に到着できます。

琴平、かずら橋を観光して四国で一泊というのが理想的な工程です。ドラクエウォーク目的ならば室戸岬を回って帰ると良いかも。

 

祖谷のかずら橋 ドラクエウォーク

バス停の目の前に広がる葛橋夢舞台。ゆっくり観光したくても滞在できる時間は約40分。サッと観光を済ませて戻ります。

勿体ないと思うかもしれませんが、駅メモerにとってはこれが当たり前。

f:id:sMasa:20240406032745j:image

かずら橋へ向かう道のりは、急斜面の急カーブ。あえてこの道をいかずとも、そのままバスの進行方向に少し進むと近道があります。

f:id:sMasa:20240407010509j:image

f:id:sMasa:20240402231046j:image

 

かずら橋の通行料金は500円。隣の頑丈なコンクリートの橋は無料。祖谷周辺ではコンクリート製の無料の橋よりも、有料の古い橋を渡りたくなるそうな。

普通の橋を渡って先回りした人達は、必死に手すりに捕まりながら渡る人達を見て、ケタケタ笑いながらムービーを撮っています。

f:id:sMasa:20240406032453j:image

f:id:sMasa:20240406163559j:image

f:id:sMasa:20240407174937j:image

コバルトブルーの吉野川にかかる吊り橋は写真映えすること間違い無し。僻地にある観光地でも人気が出るのが分かります。

f:id:sMasa:20240406163632j:image

橋の先の飲食店は観光地の割に良心的。しっかり食事をするならば、少し先の夢舞台で食べる方が良いと思います。

f:id:sMasa:20240402231611j:image

この滝も名所なんだとか。見た感想といえば

「The 滝」

夏場にもなれば、ふざけて滝に打たれる人がいそう。

f:id:sMasa:20240407011135j:image

滝の先には川の畔まで降りれる階段。この観光地のオーナーさんは観光客の気持ちをよく分かっています。きっとコバルトブルーの吉野川を近くで見たくなるはずです。

f:id:sMasa:20240407174835j:image

f:id:sMasa:20240402231801j:image

楽しい観光地では時間が過ぎるのは、あっと言う間。かずら橋周辺を回るには2〜3時間ぐらいは欲しいところ。

帰りのバスは観光を終えた人達、もしくは、同じバスで来たドラクエウォーカーで、とても混むので早めに並んでおきましょう。

f:id:sMasa:20240407161500j:image

大歩危発の列車に合わせて帰りのバスを選びます。高知まで抜ける普通列車は1日4本しかないので工程を組むのも大変。

f:id:sMasa:20240406164250j:image

f:id:sMasa:20240406164142j:image

大歩危駅の列車待ち時間を使って駅前の大歩危マート食堂で休憩。大歩危は祖谷そば、祖谷豆腐、祖谷油揚げが有名で、祖谷豆腐がとても美味しそう。ネット販売されていないので現地でしか食べれません。

f:id:sMasa:20240402232411j:image

食べ終えた後は正面の小さな売店で買い出し。田舎にある小さな売店でもバーコード決済が普通に使えます。店員さんの話では、最新式のレジを導入したんだそうな。

f:id:sMasa:20240407170254j:image

そろそろ列車の発車時間。次に乗るのは観光列車ではなくて、後から来る旧型電車。

f:id:sMasa:20240407150805j:image

筆者は高知県と愛媛県の新駅を取得するため土佐くろしお鉄道を往復して高知18:10発松山行の高速バスに乗る計画を立てました。

多少料金を払ってでも遅い時間に発車する松山行きのバスを選んでいれば、ゆっくり観光できたように思います。大歩危エリアは短い時間で帰るには勿体ない観光地でした。

 

青春18きっぷ 土讃線 

高知行きの普通列車が来るまで駅の裏側の展望デッキで時間潰し。吉野川に沿って歩く遊歩道は桜が咲いて綺麗。

桜流し

桜流し

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

f:id:sMasa:20240407150333j:image

f:id:sMasa:20240407150526j:image

高知行きの列車は、それぞれのクロスシートが埋まるぐらい乗車率。進行方向右側に見える吉野川に沿って下っていきます。

f:id:sMasa:20240407151844j:image

f:id:sMasa:20240405130005j:image

予讃線の普通列車は途中で特急待ちの停車時間。アンパンマン列車とすれ違い。

f:id:sMasa:20240406145658j:image

 

次の途中停車駅。元々駅数が少ないので、外に出るのが面倒臭くなってきます。

f:id:sMasa:20240406152544j:image

f:id:sMasa:20240406152627j:image

予讃線の列車には、18キッパーの年配勢や大きなトランクケース片手に旅をしている品の良さそうな伯母様。お母さんにつれられて小さな子供も鉄道旅を楽しんでいます。

どんな世代でも楽しいのが鉄道旅。青春18切符の利用に年齢制限はありません。たまには、普通列車でゆっくり途中下車しながら旅をするのもオススメです。

f:id:sMasa:20240406152800j:image

筆者は後免駅で下車して土佐くろしお鉄道の新駅回収。楽しい鉄道旅と言えども、限界移動ばかりしている駅メモerの場合は苦行に近いかもしれません。

 

駅メモ 土佐くろしお鉄道

土佐くろしお鉄道は私鉄なので青春18切符は使えません。おかげで電車もガラガラで座席も選びたい放題。

f:id:sMasa:20240406152941j:image

海が見える進行方向右側に座るとオススメ。車窓に合わせて電車も改造されたトロッコ風な列車。特定の時間だけ、デッキに出れるようです。この土佐くろしお鉄道のトロッコ車両はもっと有名になっても良さそう。

f:id:sMasa:20240407175349j:image

名物車両と言えども展望デッキに出れなければ写真が撮りにくいので車窓は帰りの電車から。

f:id:sMasa:20240407180937j:image

所々で防波堤と津波の避難所ができていました。以前に乗った時にはなかったように思います。

f:id:sMasa:20240409124930j:image

f:id:sMasa:20240409124827j:image

高知で一泊するならば室戸岬を回って帰るのが良いかも。15:30頃に室戸岬から発車する大阪行きの高速バスに乗れるように計画を立てましょう。

今回の筆者の遠征目的は愛媛と高知の新駅回収。レーダーで新駅の病院が届くところまでで行って折り返し。西分駅で新駅の病院前が射程圏に入りました。和食までいけば終点の奈半利まで届くかと思います。

f:id:sMasa:20240406153115j:image

折り返しする時は快速が停車する和食までは行くように。思いつきで西分駅を降りると快速が通過するので大失敗。快速が走る路線では折り返しの駅を考えましょう。西分でも和食でも運賃は同じです。

f:id:sMasa:20240403120607j:image

途中で降りた筆者は大失敗。鉄道旅において列車遅延やハプニングは付き物です。工程を組む時には最低でも一本分は余裕を持たせましょう。次の列車まで琴ヶ浜で黄昏れるしかありません。

f:id:sMasa:20240403120254j:image

f:id:sMasa:20240403120339j:image

ようやく帰りの列車が到着。普通のクロスシート列車で景色も見やすい。

f:id:sMasa:20240406153552j:image

後免駅で運賃精算して乗り換え。快速ならばそのまま高知駅まで直通します。

f:id:sMasa:20240407150131j:image

高知駅に到着。バスの時間がギリギリなので足早に乗り換えて松山へ高速バス移動。

f:id:sMasa:20240407182136j:image

高知駅北口のバスロータリーが乗り場で。ICまでは人が乗って来るとのこと。

f:id:sMasa:20240402235502j:image

長くなったので次回に続きます。次回は愛媛県の新駅とお土産クエスト開放。

青春18きっぷ しまなみ街道 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

#181

大阪から高知へ一番安く行ける青春18きっぷを使えば、どんなに早い出発でも16:05到着。琴平〜土佐山田までの普通列車が少ないので一部特急ワープもあまり意味がありません。18きっぷを使った工程では阿波池田13:49発の列車に乗るように組みます。

一方で大阪から高速バスを使うと6000円〜7000円で約5時間かかるので総じてLCCの飛行機が一番安く楽な方法かと思います。

JR四国には特急にも乗れるフリー切符やバスを含めたお得きっぷが色々と販売されています。高知県に遊びに行くならば、四国周遊の中で立ち寄るのが良いかと思います。各都市を高速バスを使って移動するのも良いかもしれません。

駅メモをしていれば高知駅は四国一周の時に必ずと言っていいほど宿泊する駅なので、その時に時間を割いて観光する良いです。遠征したのであれば、何かしらの観光やグルメは楽しんでおきたいものです。