関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

大阪発 駅メモ攻略 駅メモ全駅、全鉄道路線制覇を目指して、青春18切符や高速バスを含めて移動記録をのんびり更新していきます。攻略情報ではないので参考程度に考えていただければありがたいです。

南海電車-関西私鉄の駅メモ旅③-①高野線

今回のコース

難波→橋本→高野下→橋本→堺東→和泉中央→新今宮→天王寺→天王寺駅前→浜寺公園前→浜寺公園→貝塚→水間観音→貝塚→和歌山市→天下茶屋→岸里玉出→桜川

f:id:sMasa:20190629200353j:image

本日は奈良・斑鳩1DAY きっぷの南海版を使用料して、大阪南部の私鉄の乗り潰しをします。

 

この切符は南海電鉄の主要路線である高野線と南海本線が乗り放題になるうえ、泉北高速鉄道も乗ることができます。

おまけに近鉄電車の一部区間も乗り放題の対象となるため、お得な切符となっています。


f:id:sMasa:20190630163514j:image

 

それでは、本日は大阪駅からメトロで少し離れたなんば駅からのスタートです。


f:id:sMasa:20190629201202j:image

 

なんば駅から高野下駅(南海高野線)

南海電車へ続く大きなエスカレーターを登って窓口できっぷを購入します。購入場所はご案内の窓口になります。

f:id:sMasa:20190629203432j:image

南海電車はラピートや天空などの一部車両を除いて特急料金がかからないようになっています。大阪の私鉄は近鉄電車以外は基本的に特急料金はかかりません。

 

改札を入って右側が南海本線、左側が南海高野線になっています。南海高野線側には駅ナカショップに551の豚まんと南海そばがあります。

 

f:id:sMasa:20190629203706j:image

 

極楽橋への直通列車は少ない本数しか設定されていないので、橋本行きの急行に乗ります。急行といえどもかなりの数の駅を飛ばしますので、乗り心地もさほど悪くないと感じます。11時前の列車に乗りましたところ、堺東駅を越えた辺りからの車内はゆったり。

f:id:sMasa:20190708074844j:image

途中、泉北高速鉄道に分岐している中百舌鳥駅を通りすぎて、河内長野駅に到着します。

ここでは近鉄長野線に向けてレーダーを飛ばします。


f:id:sMasa:20190630035734j:image

南海高野線では、金剛駅から河内長野駅で富田林駅辺りまでレーダーを飛ばしておけば、残りの近鉄長野線を近鉄南大阪線の古市駅からレーダーでなんなくコンプリートできます。

 

難波から約一時間で橋本駅に到着しました。

高野山方面に行くためにここで乗り換えです。

橋本から極楽橋までの 観光列車 天空の運行時間から外れてあえますので、きっぷ売り場はすでに閉まっていました。

 

今回では行かなかった高野山については、別の方がブログで詳しく書いていますのでリンクを張っておきます。

※参考サイト

日本仏教の聖地「高野山」の日帰り観光コース完全攻略ガイド | たびこふれ


f:id:sMasa:20190704161320j:image

 

橋本駅から高野山に向けてレーダーを飛ばしてみましたが、探知数+18では終点の高野山までは届かず、手前の極楽橋までが限界です。

 

橋本駅からは極楽橋行き、高野下行き、が30分間隔ぐらいで交互にでています。もしも、極楽橋まで行って帰って来る場合、二時間近くかかってしまいますので、高野下行きの列車に乗って、レーダーが届く途中の高野下駅まで向かいます。

 

f:id:sMasa:20190629222133j:image

橋本市街と自然が広がる車窓を見ながら列車は山を登って行きます。

 

高野下より先は50‰の急斜面を登っていくとのこと。(極楽橋から高野山まではケーブルカーになります。)

f:id:sMasa:20190629225921j:image

このパーミルという傾斜の話は、中国地方のJR 木次線の乗車時にも似たような話を聞いたような気がします。

※参考記事

大阪発 木次線 青春18切符一泊旅③-② - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

 

高野下駅まではおよそ20分。乗客は筆者一人で閑散とした車内でした。

特にすることもないので、レーダーで終点の高野山を取得して10分後に発車する乗ってきた列車で折り返しします。

f:id:sMasa:20190630000416j:image

 

橋本駅に戻ってきました。南海高野線も終盤に入ります。この橋本駅ではJR が乗り入れています。

 

橋本駅から和泉中央駅(泉北高速鉄道)

ここからJR で和歌山市へ向かう場合、約一時間、運賃が840円かかります。一度天下茶屋へ折り返して和歌山市へ向かう場合の所要時間は1時間40分ほどで、JR を使ったワープでは30~40分の時間短縮になります。


f:id:sMasa:20190704161609j:image

 

今回は乗り放題パスを使っていますので、橋本駅から、天下茶屋方面へ折り返しします。

 

ちなみに和歌山市から橋本に向かう場合は、時間によっては途中の粉河駅止まりになったり、JR 和歌山で乗り換え時間が発生し、余計な時間がかかりますので、JR を使ってワープを考えるのであれば、橋本→和歌山市で考えると良いと思います。

 

いったん戻って、行きで通過した泉北高速鉄道に乗るため堺東駅まで。泉北高速鉄道に乗り換えます。

堺東駅の隣の三国ヶ丘駅には、大山古墳があります。つい最近、世界遺産になったそうな。時間があれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、堺東駅近くの堺市役所では21階が展望ロビーになっています。堺市役所展望台から大山古墳を見ることができます。

ただ、もう少し展望台が高い位置にあれば、鍵の全形がしっかり見えそうではあるのですが、少し高さがたりません。

 

 

 

さて、駅メモに戻ります。泉北高速鉄道は泉北高速1号線に沿って進んで行きます。


f:id:sMasa:20190630164251j:image

泉北高速ではキセル乗車を厳しく取り締まっています。以前に来たときは、車内アナウンスやキセル禁止の看板がたくさんありましたが、かなり少なくなったように思います。

 

かつてはヤフーニュースにも取り上げられているのを見ましたが、キセル乗車する人が減ったのでしょうか。

f:id:sMasa:20190630164718j:image

終点の和泉中央駅です。駅の近くには商業施設がありますので、食事などには困らないと思います。


f:id:sMasa:20190704162419j:image

 

泉北高速鉄道は、鉄道むすめコラボの駅ではありますが、残念ながらパネルを見つけることができませんでした。

駅ノートによると改札の右手に、ひっそりと置いてあるようです。

 

少しの休憩のあとは、来た道を折り返して南海本線との分岐点となる新今宮駅に戻ってきました。

(本来は岸里玉出駅になりますが、停車する列車が各停のみになります。岸里玉出駅から出ている南海汐見橋線は後半で乗りに行きますが、レーダーでコンプリートするならば、天下茶屋駅からレーダー、JR 環状線の芦原橋と今宮駅からレーダーを飛ばしてコンプリートします。)


f:id:sMasa:20190710194424j:image

 

 

ここからは後半戦の南海本線に入りますが、

今回で関西の南部の私鉄を埋めるため、ここでJR に乗り換えて、一駅隣の天王寺へ。

阪堺電車方面に向かいます。


f:id:sMasa:20190704163434j:image

 

長くなりましたので、次回へ続きます。

阪堺電車と水間鉄道-関西私鉄の旅③-② - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

 

南海電車から、泉北高速鉄道を取りに行く場合、和泉中央駅、高野下で下車からの折り返しが必要になります。

そのため、泉北高速鉄道に行く場合は、かなり運賃が嵩むことになります。(これが、結構高い……)

南海電鉄のコンプリートをする場合は、周遊きっぷの発売時期にあわせて行く方が経費が安く済むのでお勧めです。

 

皆様の駅メモライフの参考になれば幸いです。

 

トップ画面

関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

 

#41