関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

大阪発 駅メモ攻略 駅メモ全駅、全鉄道路線制覇を目指して、青春18切符や高速バスを含めて移動記録をのんびり更新していきます。攻略情報ではないので参考程度に考えていただければありがたいです。

宮之城線 駅メモ攻略 人吉くま川鉄道

旅名人の九州満喫きっぷ③

本日は旅名人きっぷ遠征の最終日。くま川鉄道に乗車した後、高速バスで人吉から鹿児島、宮崎に渡ります。

☆1日目

大阪→博多→西唐津→伊万里→平戸→佐世保→諫早

☆2日目

諫早→島原→休憩→島原港→熊本→熊本市電→熊本→人吉

☆3日目

人吉6:15→7:18湯前7:25→8:18人吉IC→バス待ち→人吉IC10:37→12:20鹿児島中央13:10→14:44西都城15:08→16:12宮崎

f:id:sMasa:20230108010026j:image

★宮之城線コンプリート

人吉IC10:38→11:30鹿児島空港11:45→12:29鉄道博物館(宮之城)13:06→14:37鹿児島中央15:16→15:51隼人16:19→吉松経由→18:55都城19:04→20:05宮崎

f:id:sMasa:20230108010216j:image

前回の続きです。

九州周遊きっぷ 島原フェリー 熊本遠征 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

昨日は島原からフェリーで熊本へ渡り、高速バスを使って人吉で一泊しました。

駅メモ 肥薩線鉄道旅

人吉ICから南に向かうバスは宮崎行きか鹿児島中央行きのどちらかで、途中の吉松行や小林行のバスはありません。

f:id:sMasa:20230107121851j:image

※産交バスサイトから画像引用

くま川鉄道の始発第一便で湯前を折返すと人吉ICに8:18に到着します。人吉ICから宮崎行きの高速バスは8:37発。代行バスの到着予定時刻から20分近く余裕があるので、多少遅れたとしても高速バスに間に合うと思います。

このバスに乗る場合、肥薩線周辺を通らないため廃線の宮之城線が取得できません。また吉都線に乗車するにあたり、えびの発吉松行き9:25発に乗るためにえびのICで降車して徒歩50分の距離を30分で歩く事になります。

吉松行き9:25分発の次の列車は14:19発。逆方向の都城行き列車も13:27発なので、高速バスが遅れればもうアウト。宮崎行きのバスに乗るならば宮崎駅を起点にして先の工程を考えましょう。ほとんどの場合が、そのまま宮崎で遠征を終えるか、日豊本線で宮崎から鹿児島中央へ帰るプランになると思いますが、これだと廃線の宮之城線が取得できないので、宮崎行きの高速バスに乗るのはあまりよろしくありません。

宮崎行きに比べて、鹿児島中央行きの高速バスは人吉IC10:38発。高速バスの発車まで2時間の空き時間がありますが、レーダーの射程を保てるのであれば吉都線と宮之城線を高速バスからコンプリートできる可能性があります。レーダーが届かなくても鹿児島空港で宮之城方面に行くバスに乗り換えたとしても、鹿児島中央から吉都線経由で宮崎に20時頃には辿り着けます。

九州遠征で宮之城線のコンプリートがまだならば、鹿児島空港経由して宮之城線を取得できるように工程を組むのが理想です。

 

鉄道旅 くま川鉄道代行バス

本日は人吉駅からのスタートです。大雨災害によるくま川鉄道の一部不通区間の人吉駅から肥後西村駅までを代行バスで移動します。朝の6時過ぎの人吉駅前はまだまだ真っ暗。霧がかかった駅前には代行バスのライトだけが輝いています。

f:id:sMasa:20230106203129j:image

2022年12月現在の時刻表は平日の通学時間帯だけの運用で夏休みのような長期休み時期には代行バス設定がありません。通学用の電車なので学生達が乗らなければ、誰も乗らないのだと思います。

f:id:sMasa:20230107124155j:image

※くま川鉄道HPより抜粋

もしも人吉まで行って代行バスがなかった場合は7:42発湯前行きの路線バスに乗れば10時前には人吉駅まで戻ってこれるはずです。運賃は往復で約2,000円で旅名人きっぷの対象外ではありますが、人吉まで来てくま川鉄道を取得しないのは考えられません。

f:id:sMasa:20230106211742j:image

ガラガラの大型バスは駅メモの駅ノートでも話題で乗客は筆者と高校生が二人だけ。

f:id:sMasa:20230106203324j:image

代行バスは肥後西村駅から少し離れた駐車場に止まりますが、係の人が駅の方向に誘導してくれるので大丈夫。

駅に向かう鉄道好きの集団は、今から決戦にでもいくかのような格好いい風貌をしています。

f:id:sMasa:20221218172228j:image

Ifuleave (feat. Mary J. Blige)

Ifuleave (feat. Mary J. Blige)

  • ミュージック・ソウルチャイルド
  • R&B/ソウル
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

肥後西村駅では代行バスの運転手さんが列車到着まで仕事前の談笑中。列車が到着すると高校生達がゾロゾロと降りて来るので何台もの大型バスが必要なのが分かります。

f:id:sMasa:20230106192310j:image

発車時間までにくま川鉄道を記念撮影。鉄道好きそうな二人組も同じように写真をパシャパシャと。

f:id:sMasa:20230106204607j:image

くま川鉄道はヘッドマークにもあるレイルロマネスクというアニメの聖地だそうで、列車車内も豪華仕様。彼らはアニメの聖地巡礼に来たのだそうな。

f:id:sMasa:20230106204400j:image

鉄道好きの二人は、昨日人吉ICから歩いていた二人組だったようで、

「同業のかたですか?」

「昨日歩いていましたよね。やっぱりそうだと思いました。」

「私もそうだと思いました。」

昨晩のあの時間に人吉IC周辺を歩いているのは鉄道好きぐらいなものです。

彼らは声をかけてくれた後、豪華座席には目もくれず鉄道上級者の好む車両後部位置をしっかり確保しています。さすがです。

湯前行きの車内はほとんど乗客がおらず、豪華なロングシートに座って早朝の鉄道旅。日が昇る前の人吉周辺はまだまだ霧がかかっています。

f:id:sMasa:20230106205138j:image

おかどめ幸福駅は日本の鉄道で唯一幸福という名前がつく駅です。何かが幸福をもたらすかもしれませんが、外は寒そうなのでさすがに降りていられません。

f:id:sMasa:20230106205626j:image

陽が昇りはじめ霧も晴れてきました。おかどめ幸福駅の高台には幸福の鐘というのがあるのだそうな。

f:id:sMasa:20230106205746j:image

途中のあさぎり駅から人吉駅に帰る路線バスが出ています。レーダーで湯前までを取得して路線バスで帰るならば第3便を使っても10時には人吉に戻れるので、少しぐらいは朝ゆっくりできると思います。

f:id:sMasa:20230106210427j:image

f:id:sMasa:20221212092205j:image

霧が晴れて朝焼けが綺麗に見えてきました。

f:id:sMasa:20221218173348j:image

f:id:sMasa:20230108014649j:image

早朝から一時間くま川鉄道に揺られて湯前駅に到着しました。盲腸線の辛い所で乗って来た列車で人吉ICまで折返します。

 

湯前駅前散策

折り返し列車の発車までの僅か7分のために湯前まで来たと言っても良いぐらい。とりあえず急いであちこちをパシャパシャと。

f:id:sMasa:20221218173652j:image

f:id:sMasa:20230108015730j:image

2両編成の車両しか止まらない割に、編成の何倍もあるこのウッドデッキは何に使われるのでしょう。

f:id:sMasa:20230108015702j:image


f:id:sMasa:20230108015558j:image

帰りの電車に乗り遅れた場合でも湯前駅前を8:09、 8:48発の人吉駅行きの路線バスがあるので、途中の五日町か医療センターで乗り換えれば10時前には人吉ICに到着できます。

また、湯前から先の旧日肥線の国道219号線を東に進んだ村所バス停には宮崎へ接続する路線バスがあります。湯前駅前9:58発の村営バスに乗れば、村所バス停で乗り換えて宮崎への接続が可能です。

こちらのバスルートは別の方がブログを書いてくれています。暫く前の記事なので乗車予定を立てる前に村営バスや宮崎交通の時刻表を検索してみてください。

このアーチの遥か先に宮崎へのワープルートがあります。

f:id:sMasa:20221218173748j:image

本日はこの後の工程をみても鉄道旅ではなくもはやバス旅…………。くま川鉄道は大雨による路線寸断のため鉄道では辿り着くことができないので仕方がありません。

湯前からの折り返しの列車は高校生で駄々混み。肥後西村駅では高校生達と共に何台もある大型の代行バスに乗り込んで行きます。くま川鉄道はこの学生達のためにあると言ってもいいぐらい。バス車内は制服を来た高校生ばかりで、高校生の遠足や修学旅行に紛れ込んだ気分になりました。

f:id:sMasa:20221218174255j:image

代行バスはありがたいことに人吉IC近くのファミリーマート前に止まります。代行バスに乗らずに路線バスを使ったのであれば極力人吉ICに近いバス停で下車してください。

 

人吉IC 高速バス 人吉から鹿児島

人吉ICからの高速バスは吉松駅や霧島温泉に直接行くバスがないので、寸断された肥薩線を縦断するならば冒頭に記載の通り宮崎、又は鹿児島へ行くかのどちらかです。

鹿児島方面ならば高速バスから吉都線の小林駅までがレーダー届きます。廃線の宮之城線に関しては薩摩求名駅が取得できてさえすれば、高速バスからレーダーでコンプリートが可能です。射程が届かないにしても、鹿児島空港でバスを乗り換えて宮之城へ行く方法もあるので人吉ICから南下するのであれば鹿児島行きのバスが良いかと思います。

今回乗車予定の鹿児島行きの高速バスは10:38発なので2時間待ち。昨晩に人吉ICバス停から見たケンタッキーは10:00開店。昨日人吉駅までの道で見かけたモスバーガーも10:00開店。時間を潰す当てが外れました。

f:id:sMasa:20221212095149j:image

人吉ICの近くに人吉温泉憩いの社という貸切温泉施設も10:00から。

f:id:sMasa:20230107004307j:image

こんな時こそ落ち着いてスマホ検索………本当に午前中の人吉ICには、どこにも時間を潰す所はありません。

そんな中で唯一気付いたのは、代行バスを降りた目の前にあるファミリーマートにはイートインスペースとコンセントがありました。人吉IC近くのコンビニは、まさに砂漠のど真ん中にあるオアシス。

f:id:sMasa:20230105225146j:image

f:id:sMasa:20221212095339j:image

このファミリーマートは近所の方が喫茶店代わりにも使っているようで、サンドイッチ片手に缶コーヒーで時間を潰します。2時間もいるので少しでも売上に貢献できればと、パンやらジュースやらホットスナック商品を食べて飲んで食べての繰り返し。

それにしてもファミリーマートがあってくれて良かった。店を出る時に思わずこちらから

「ありがとうございました」

と言ったぐらい。

店員さんたちも

「???」

とした表情。筆者が感じた有難みは伝わらないと思いますが、冷たい風の吹く人吉ICでどうしようかと思いました。

この後は高速バスで鹿児島県へ向かいます。

f:id:sMasa:20230106235753j:image

f:id:sMasa:20230106115456j:image

人吉IC10:38発の高速バスに乗るのであれば、代行バスが8:30頃に人吉駅につきますので、くま川鉄道に乗る時にチェックアウトせずにいて一旦ホテルに戻る方が良いかと思います。人吉ICまで、30分かけて歩くか、路線バスを乗り継いで行くことになりますが、ファミリーマートのイートインスペースで2時間過ごすよりかは、ホテルの部屋で一時間ゆっくりくつろぐ方が良いのではないでしょうか。

駅メモ 宮之城線 吉都線

到着した高速バスは空き席が少しあるぐらい。乗れなければ先の工程が詰んでしまうため、高速バスを工程に組むならば予約しておく方が無難です。

f:id:sMasa:20221218161349j:image

霧島連山を走り抜けていきます。肥薩線が走っていれば鉄道の日本三大車窓と言われている景色が広がっているはずです。

f:id:sMasa:20230107005714j:image

高速バスでは、えびの駅にチェックインした時にオモイダースを使えばレーダー+18で小林駅まで届きます。吉都線は射程上限+2のイベント時の遠征でなければ、レーダーをいくら飛ばしても吉都線の広原駅が射程圏外になると思われます。

射程上限+2のイベント時の遠征でなければ吉都線に乗る予定に切り替えましょう。吉都線も本数の少ない難関路線なので取りこぼしはかなり辛いものがあります。

筆者は以前の遠征時に射程+20で吉都線の都城〜広原区間を日豊本線からレーダーで取得していたので、吉松〜小林区間を取得できたことで吉都線をコンプリートできました。

f:id:sMasa:20221215124242j:image

えびのICから先は宮之城線を取りこぼさないように居眠りは厳禁。眠るならば鹿児島空港に到着するまでひたすら我慢。吉松〜嘉例川の区間を取得しながら廃線の宮之城線にレーダーを飛ばします。

f:id:sMasa:20221215124305j:image

f:id:sMasa:20221215124359j:image

宮之城線の薩摩求名だけはレーダー射程+18でも肥薩線や薩摩オレンジ鉄道からでは届きません。薩摩求名を取得するには、オレンジ鉄道の出水駅か肥薩線の薩摩大隅駅から宮之城線方向に20分程歩いた所でレーダーを飛ばせばギリギリ取得できるようです。

筆者の場合は九州新幹線乗車時にイベントによる射程+20だったのでたまたま取得できていました。

f:id:sMasa:20230107204054j:image

薩摩求名駅が取得できていなければ鹿児島空港で11:45発の出水行きの高速バスに乗り換えて宮之城線を取得していくことになります。宮之城日到着後は目の前にある鉄道記念館前バス停から13:06発のJRバスに乗り換えれば鹿児島中央駅に14:43に到着します。この場合でも鹿児島中央駅15:16発に乗れば吉都線を経由して20:05には宮崎に到着できるはずです。

f:id:sMasa:20230107210748j:image

f:id:sMasa:20221215124451j:image

駅メモの中でも難関路線の宮之城線を攻略するならば鹿児島空港からのバスルートがキーポイントになります。

鹿児島空港を過ぎた後は高速道路をひたすら走ります。ここまでこれば隼人駅からレーダーで取得できるので眠りについても大丈夫。

f:id:sMasa:20230107211557j:image

鹿児島中央駅に到着しました。

f:id:sMasa:20230107000318j:image

前回の遠征でたまたま宮之城線の薩摩求名駅が取得できていましたので助かりました。宮之城線が残っているならば冒頭に記載の通り、最初から鹿児島空港で出水行のバスに乗りかえる予定を立てる方が無難です。

 

鹿児島中央〜宮崎

前回の遠征がイベントによるレーダー増枠時であったこともあり、すでに九州をコンプリートすることができましたので、吉都線を回らずにそのまま宮崎へ向かいます。

宮崎行きの発車時間まであまり時間がないのでササッとお昼ごはん。駅にあるラーメンならば、どれだけ混んでいても一時間もあれば充分。鹿児島ラーメンの ざぼん でササッ昼ごはん。

f:id:sMasa:20221218153954j:image

鹿児島市内は以前に桜島観光と合わせて回りましたのでこのまま宮崎へ向かいます。

※参考記事

関西発 九州電車旅 鹿児島桜島観光 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

鹿児島〜宮崎区間を走る日豊本線は南九州のメイン路線のようにも思えますが、都城まで行く列車は2時間に一本ぐらいしかありません。都城行きの普通列車は地下鉄のようなフォルムでJR九州の独特な木目柄のシート。座りたいのは、もちろん桜島が見える進行方向に向かって右側。

f:id:sMasa:20230107000749j:image

以前に来た時に場所の移転により改装中だった鹿児島駅はまだ工事中。鹿児島駅周辺でドラクエウォークのお土産スポットの西郷隆盛像の近くを走りますが電車の中からではクエスト解放できません。

f:id:sMasa:20221218154221j:image

錦江湾の先に桜島が綺麗に見えてきます。日豊本線の車窓は桜島とともにあると言って良いぐらい。

綺麗な車窓なのですが窓があまり綺麗ではありません。特急もかなり汚れていたのでなんとかならないものかと贅沢を言ってみたり。

f:id:sMasa:20221218154115j:image

f:id:sMasa:20230111232650j:image

途中の駅は無人駅から簡易的なホームまで。以前に特急で取得しているので、いつでも寝落ちしても良いのですが、寝よう寝ようとすると全く寝れないのが鉄道旅の不思議な所。そんな時は流行りの音楽でも。

RAGE OF DUST

RAGE OF DUST

  • SPYAIR
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

f:id:sMasa:20230111232830j:image

肥薩線に接続される隼人駅で停車時間がありました。元々は吉松を経由して吉都線に乗る予定にしていましたが、既に高速道路からコンプリートできましたので予定を省略して都城駅へ進みます。吉都線の乗車は別の方のブログを参考にしてください。

f:id:sMasa:20230111232540j:image

日豊本線の霧島神宮駅周辺からレーダーを飛ばした場合、吉都線の小林駅と高原駅の間にある広原駅が射程+18で届くかどうかが定かではありません。高速バスでえびの駅からレーダーで取得できるのは小林駅までなので、隼人駅で乗り換えて吉都線を回ることをオススメします。

よくよく思えば前回のイベントの射程+20で取得できたような気がします。

f:id:sMasa:20230111233506j:image

f:id:sMasa:20230111234749j:image

今回の列車の終点の都城駅では以前に日南線の志布志行きのバスに乗りましたが、今回は宮崎行き列車の始発駅の一つ手前の西都城駅で下車します。

※参考記事

駅メモ 日南線攻略 九州遠征①−② - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

f:id:sMasa:20221218171012j:image

都城駅から宮崎まで山越え区間。宮崎市内への峠越えは駅数が少ないのに、随分時間がかかります。なんでこんな所に駅があるのかも不思議に思えてきます。

f:id:sMasa:20221218170647j:image

ようやく宮崎駅に到着しました。ここまでで九州をコンプリートできました。

 

駅メモ 宮崎市内散策

明日の帰りの飛行機まで宮崎市内を散策します。宮崎の駅前にはアミュプラザの商業施設とロータリーで、ホテル等が集まる繁華街は歩いて15分ぐらい。歩けなくはないけど少し遠いかなと言うぐらい。

f:id:sMasa:20221218161946j:image


f:id:sMasa:20221218162325j:image

宮崎の繁華街は、アーケードの商店街に、飲食店、デパート、ホテル、居酒屋が全て揃っています。

f:id:sMasa:20221218162420j:image

宮崎グルメといえばチキン南蛮。有名なキッチンおぐら。本店は混んでいますのでホテルの場所によっては分店に向かう方が良いかと思います。

大きなチキン南蛮はジューシーに揚がっています。ボリュームがありますが、女性の一人旅の方も食べきっていました。美味しいものは、お腹いっぱいでも食べれるとはよく言ったものです。

f:id:sMasa:20221218160757j:image

昨日人吉に22時半についてから今朝は朝6時の電車。さすがに疲れましたのでそのままホテルで休んで翌日の昼の飛行機で大阪に戻ります。この三日間のフリー切符区間の運賃は

一日目合計 5510円

二日目合計 2480円

三日目合計 4410円(吉都線経由5620円)

運賃合計   12300円(吉都線経由13520円)

でしたのでフリー切符を使って少しだけ特したような感じです。

 

宮崎市内散策

アミュプラザの飲食店は11時から。屋上は展望台になっていて、屋上に続く赤い階段は心が折られそう。

f:id:sMasa:20221218162554j:image

それでも登った先には絶景かな絶景かな、シーガイアは随分遠いみたい。

f:id:sMasa:20221218162721j:image

f:id:sMasa:20221218162751j:image

帰りの飛行機まで時間があるので、ドラクエウォークのお土産スポットのフェニックス動物園にちょっと寄り道。地図を見る限り近くに見えますがバスで30分610円かかります。一部の乗り換えアプリには料金が反映していないのでバスの公式サイトを参照してください。

バスに乗る前にファミリーマートで軽食を。宮崎の鶏めしは博多や熊本で販売されている九州醤油仕立てとは味が違います。九州南部の鶏めしおにぎりは出汁よりも醤油が強め。

f:id:sMasa:20221218171455j:image

宮崎駅からフェニックス動物園まで往復で一時間半。折返しバスの本数もあまりないので、滞在時間15分で宮崎駅に折り返します。ドラクエウォークをしていなければ絶対に来ていません。

f:id:sMasa:20221218155618j:image

後は昼ごはんを食べて空港に戻るだけ。アミュプラザで昼ごはん。肉自体はあまり高級すぎない中の上のランクのような量が食べれるお肉。味と量ともにコスパの良い店でした。

f:id:sMasa:20221218155833j:image

宮崎空港行きの列車は30分〜1時間に一本です。LCCの飛行機の場合、電車の時間が上手く合いません。フライトの30分前には飛行機のチェックインを締めきってしまうので遅れないように。LCCの飛行機の場合、丁度良い電車がないのが辛い所。

f:id:sMasa:20221218160148j:image

宮崎空港は駅と直結しています。取り急ぎ受付を。

f:id:sMasa:20221218160541j:image

無事にチェックインを終えて関西に戻ります。これで九州をコンプリートできました。今回の遠征はこれにて終了。

 

次の鉄道旅

大阪発鉄道旅 東西南北駅まとめ - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

#155

駅メモを始めた当初では大雨災害を予想することができず肥薩線を縦断する計画を立てていたので、人吉から高速バスで南下するしかありませんでした。

これから駅メモの九州遠征を行うのであれば、新八代〜人吉〜吉松の肥薩線が運休している現在、最終日の3日目で新八代に戻り、阿蘇・大分方面へと進む過程で南阿蘇鉄道に乗り大分空港から帰る計画が丁度良いように思います。新八代方面熊本行きのバスが8:52発にありますので大分には余裕で辿り着けりらはずです。

九州南部に関しては鹿児島空港を起点としての遠征を行い、宮之城線、指宿枕崎線とえびの線を合わせた鹿児島宮崎遠征を別にするほうが関空までの区間と合わせて青春18切符を上手く使えることかと思います。