関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

大阪発 駅メモ攻略 駅メモ全駅、全鉄道路線制覇を目指して、青春18切符や高速バスを含めて移動記録をのんびり更新していきます。攻略情報ではないので参考程度に考えていただければありがたいです。

駅メモ大阪発 北海道コンプリート① 道北

北海道周遊きっぷの旅① 道北編

 

関西空港10:30→12:30新千歳空港→13:15札幌→休憩

札幌→大通り17:00→バス→22:45稚内


f:id:sMasa:20200910202620j:image

今回は長期休みが取れましたので、北海道遠征を行います。今回の遠征では道北、道東をメインに4泊5日で工程を組みました。

北海道遠征の初日はスタート地点となる稚内まで一日かけて移動します。

 

北海道周遊パスの旅

北海道は関西から簡単に行けるところではないため、一回又は二回の遠征でコンプリートしてしまいたい地域となります。

 

北海道を周遊するにあたり、ピーチ航空やジェットスターで新千歳空港に到着したならば、12000円ぐらいでJR北海道とLCCが提携しているエリア限定のお得な周遊きっぷが使えます。

ただ、今回はこれよりお得な期間限定のLOVE北海道きっぷを利用します。

このきっぷは、JR北海道の全ての鉄道が6日間乗り放題になるというもので12000円という破格のお値段。加えて特急も乗り放題で、さらに指定席を4回分使うことができるという、なんともお得なきっぷです。

ただし使えるのは購入翌日から。


f:id:sMasa:20200927210020j:image

翌日からの利用になることを忘れていたため、二日分を無駄にしてしまうことになりましたが、それでもお得な切符でありました。

 

新千歳空港〜札幌

関西空港10:30発のピーチ航空に乗るため、大阪駅から関空リムジンバスで空港へ向かい、関西空港から新千歳空港まで、約2時間半の空旅です。


f:id:sMasa:20200927205441j:image

 

新千歳空港駅の改札隣の緑の窓口で今回の周遊きっぷを購入します。


f:id:sMasa:20200909115940j:image

今回使用する北海道周遊パスが使えるのは購入翌日からになりますので、札幌までの切符を別途購入してエアポートライナーに乗車して稚内行きのバス停のある札幌駅まで向かいます。


f:id:sMasa:20200927205349j:image

 

途中の新さっぽろ駅で地下鉄に向けてレーダーを使用しておきます。

地下鉄の札幌北側は札沼線乗車時にレーダーで取得予定にしていますが、南北線の真駒内はレーダーの射程が届きません。

f:id:sMasa:20200927204236j:image

札幌駅に到着しました。稚内行きのバスは17時発になりますので、4時間近く時間があります。真駒内方面は最終日に取得することにして、札幌駅をブラブラ。


f:id:sMasa:20200927185950j:image

時間はちょうどお昼時でしたので、駅ビルにある奥芝商店という人気店に入りました。

札幌といえばスープカレー。

 

 

インスタ映えしそうな盛りつけです。味は出汁が効いたカレー風味のスープで美味しいのですが、器がでかくて少し食べにくいのが難点でありました。


f:id:sMasa:20200910203151j:image

 

札幌市内にはスープカレー専門店がいくつもあります。店によって味が違うそうなので、スープカレー店巡りも良さそうです。

駅ビル内にある天馬という店のシーフードスープカレーも興味深い。

 

札幌駅を記念撮影。右手に見える庁舎の高層階は無料の展望台になっていて、札幌市を見渡せるのだそうな。


f:id:sMasa:20200927191059j:image

 

大通り方面まで歩いて15分ぐらいなので、札幌の町並みを見ながら、稚内行きのバス停あるテレビ塔まで歩きます。札幌市内の道は京都のように碁盤の目になっていますので迷うことはありません。

 

f:id:sMasa:20200927191530j:image

 

通り道に札幌の観光名所の時計台があります。中に入ればそれなりに楽しめると思うのですが………。時計台は思いの外小さいためなのか、ガッカリする観光地の一つだそう。パンフレットの写真の撮り方が上手いのでしょう。


f:id:sMasa:20200909121015j:image

 

ここから大通り公園は目と鼻の先。

大通り公園のテレビ塔が見えてきました。


f:id:sMasa:20200910203316j:image

公園では人に食べ物をねだり、ヒョコヒョコ歩くカラスの姿が可愛らしい。


f:id:sMasa:20200910205432j:image

 

テレビ塔の下は屋台風のお店が並び、北海道のグルメがテイクアウトできます。バスの発車時間まで、ブラブラと時間を潰します。


f:id:sMasa:20200910205730j:image

 

札幌稚内バス移動

バスの発着場はテレビ塔の裏側にあります。

テレビ塔から歩いて5分ぐらいでしょうか。


f:id:sMasa:20200910131403j:image

 

稚内到着時刻が23時前になるので、バス停横にあるセイコーマートというコンビニで買い出しをします。北海道のローカルコンビニとして有名ですが、昔は近畿地方でも見たことがあるような気がしなくもない…。

似たような店か……気のせいか……。


f:id:sMasa:20200910131630j:image

北海道は山わさびが有名なのか、ポテトチップスやカップラーメン、おにぎりにと山わさび味が盛りだくさん。これで稚内の飲食店が開いていなくても、とりあえず今晩は凌げそう。


f:id:sMasa:20200910131801j:image

 

ホテルで食べましたが、カップラーメンはわさびスープに乾麺を入れた味で、ツンと刺激のあるあっさりしたスープがとても美味しかった。ワサビスープは飲食店のメニューでもおかしくないレベルの味です。

 

 

札幌発のバスは、稚内へ行くためのリーズナブルな交通手段になります。それなりに人数がいるかと思いきや、合計5人の乗客しかいませんでした。とはいえ、もしも定員で乗れなければすべての工程が狂いますので、必ず事前に予約はしておきましょう。

ここから5人で約6時間のバス旅です。一応、バスにはトイレ、USBケーブルがついていましたので一安心。

f:id:sMasa:20200910132050j:image

 

このバスは札幌駅南側を走り、北海道中央自動車道を滝川に向かいます。なお、夜行便であれば札沼線沿いの一般道を走るとのことですが、最近は夜行便の運行していないようです。

 

高速道路沿いにある函館本線の札幌〜滝川間を取得しながら、深川駅付近で札沼線の廃駅に向けてレーダーを飛ばして行きます。現役路線の大学前まではレーダーでとることができませんでした。


f:id:sMasa:20200910132815j:image

バスに乗って一時間半ぐらい経過した頃に、砂川SAエリアで15分のトイレ休憩になります。


f:id:sMasa:20200910210422j:image

 

滝川JCで留萌方面へ方向を変えます。バスは留萌線に沿って走るので、取りこぼしがないようにひたすらチェックインしていきます。

留萌では再度レーダーを使用して廃駅の増毛駅までを取得しておきましょう。


f:id:sMasa:20200910133151j:image

留萌を過ぎた後は、オロロンラインを北上して宗谷本線をチェックインしていくことになります。宗谷本線は帰り道で乗車することになりますので、駅メモは終了しても問題ありません。

駅を取り忘れてしまい再訪するのはかなり辛いです。留萌までは眠気に負けないように頑張って戦ってください。

 

オロロンラインの通り道にある温泉施設で最後の15分休憩。羽幌市内までこれば残りは3分の1ぐらいかと思います。


f:id:sMasa:20200910210546j:image

 

留萌を過ぎてからというものの、寝ようとすればするほど不思議と眠れません。座りっばなしもさすがに疲れます。あと一箇所ぐらい休憩がないかと思いながらも、休憩場所自体がないんだな…


f:id:sMasa:20200913021755j:image

 

北海道は広く、まだまだ稚内に到着する気配すらありません。唯一の楽しみの車窓も真っ暗で何も見えず、携帯電波もところどころ圏外になりますので、特にすることがありません。バス車内のテレビが唯一の救いです。


f:id:sMasa:20200910134009j:image

 

到着時刻の30分前あたりからようやく街の明かりが見え始めます。稚内市のいくつかのバス停に停車して、終点の稚内駅に到着しました。


f:id:sMasa:20201005021756j:image

 

バスの停車駅には南稚内もありますので、ホテルの場所を稚内にこだわらずに、宿泊相場が少し安い南稚内にしても良いと思われます。

仮に南稚内に宿泊したとしても、せっかく訪れた最北端の地になります。きっと翌日には稚内には行くことにはなると思いますが、遠征費用は多少なりとも安く抑えれます。

 
稚内付近

稚内でホテルを取る場合は、ドーミーイン稚内か、サフィーネホテル稚内のどちらかになると思います。今夜のホテルはドーミーイン稚内。


f:id:sMasa:20200913022431j:image

 

ドーミーインは21:30〜23:00まで夜鳴きそばという夜食を宿泊者に無料で振る舞ってくれます。あっさりしたラーメンで深夜に食べたいラーメンです。


f:id:sMasa:20200910210657j:image

ギリギリの時間にも関わらず対応してくれました。さすがドーミーイン。

 

食べた後は、ホテルから徒歩すぐにある稚内駅に行きました。24時前に到着する列車があるようで夜中でも電気がついています。深夜で列車が来る気配もないですが、稚内駅看板を見たことで、自分が最北端の街ににいることを実感して何故か嬉しくなります。


f:id:sMasa:20200910211201j:image

稚内駅のホームは道の駅と併設されていて、

きっと明日の朝には宗谷岬に向うと思われりるバイク旅の人が駅で寝ています。

そうそう来ることがない日本の最北端の街です。明日は夕方まで稚内観光をしたあと、宗谷本線を使って旭川に向かいます。

本日はこれにて終了。次回へ続きます。

北海道周遊きっぷの旅 稚内観光と宗谷本線 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

 

♯88

一日目はほぼ移動となりました。稚内に行くためには関西から稚内へ行く直行便がないため、新千歳で飛行機を乗り換えなくてはいけません。その場合航空券の値段が随分跳ね上がってしまいます。

鉄道を使う場合でも、最長距離の盲腸路線の宗谷本線を往復するのはさすがに心が折れます。高速バスであれば、留萌本線を取得することができるうえ、稚内を北海道遠征の出発地点にできるのでかなりオススメです。

 

今回、留萌本線と宗谷本線を往復している強者の駅メモerとすれ違いました。最終的に釧路まで同じ列車に乗っていましたが、宗谷本線な往復はなかなか苦労したようです。

駅メモを通じての少しの間の出会いでしたが、またどこかで会えるといいな。