関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

大阪発 駅メモ攻略 駅メモ全駅、全鉄道路線制覇を目指して、青春18切符や高速バスを含めて移動記録をのんびり更新していきます。攻略情報ではないので参考程度に考えていただければありがたいです。

駅メモ高速道路 大阪発①大井川鐵道ツアー(新名神、伊勢自動車道、東名高速)

今回のコース

☆行き

新大阪→吹田JCT →名神高速→草津田上JCT →新名神→亀山JCT →伊勢自動車道→四日市JCT →伊勢湾岸自動車道→豊田JCT →東名高速→新金谷

f:id:sMasa:20190220113903j:image

☆帰り

新金谷→千頭→接岨峡温泉→バス→新東名高速→豊田JCT →行き道を折り返し大阪

f:id:sMasa:20190221004049j:image

今回は大井川鐵道のSL 体験ツアーに参加しました。目的は大井川鐵道コンプリートです。 

 

大阪から新御堂筋を北上して吹田JCT から草津JCT で新名神高速に乗り換えます。

 

名神高速については別記事に記載してますのでこちらをご覧ください。

大阪発 駅メモ高速道路②斑尾高原スノーボードツアー(名神高速、中央高速道、長野自動車道) - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

新名神高速からのレーダーの使用ポイントはは以下の通りです。

f:id:sMasa:20190220201431j:image

ちなみに、信楽高原鉄道については、草津線と関西本線でなつめスキルでコンプリートできます。

※参考記事

大阪大回り、ではなく小回り② - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

亀山JCT で乗り換えて伊勢自動車道へ。

伊勢自動車道で交差する近鉄湯の山線(赤点線部分)をレーダー取得しておけば、近鉄電車周遊の際に楽になりますので、レーダーでコンプリート。近鉄名古屋線と三岐鉄道(緑線)については乗車する必要があるため、レーダーはスルー。


f:id:sMasa:20190220202118j:image

四日市JCT からは、伊勢湾岸自動車道に乗り換え。右手に駿河湾を見ながら東へ進みます。あおなみ線の金城ふ頭や名鉄名古屋線については、こちらも乗車することになるためスルー。

 

筆者のツアーでは蒲郡で昼食休憩となりました。昼食後は、Uターンして東名高速に戻りまして浜名湖へ。

浜名湖近辺は天竜浜名湖鉄道と遠州鉄道にさしかかります。

東名高速と新東名高速に乗れば、レーダーでコンプリートできそうですが、東海道線に乗るときに寄り道すれば良いので、あえてレーダーの多用は不要かと思います。


f:id:sMasa:20190220224941j:image

 

こちらにも記載しております。

青春18切符 大阪発一泊二日旅①-①身延線と飯田線 駅メモ大阪発 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

ツアーの観光で寄った浜名湖ガーデンパーク。かなり広い公園でした。

着ぐるみのキャラクターがいましたが……

子供が逃げだしそうな…


f:id:sMasa:20190220223912j:image

 

公園のあとは、うなぎパイファクトリーで工場見学。

浜名湖で有名なお菓子です。

 

掛川の嬬恋リゾートへ到着し、本日はここで一泊。ホテルの周りにゴルフ場やテニス場がありまして、夜は広い中庭がイルミネーションで飾られます。2、3日のんびりするには最適なホテルだと思います。

 

ホテルで買ったカップ麺です。ご当地限定のものはついつい買ってしまいます。

 

マルちゃん 富士宮やきそば 165g×12個

マルちゃん 富士宮やきそば 165g×12個

 

 

一晩開けて、ホテルから新金谷駅に到着しました。新金谷駅にはSL 列車がおいてありました。駅の改札から少し離れていますが記念撮影する人がちらほら。

f:id:sMasa:20190221122940j:image

初めてのSL車両に乗って大井川鐵道を千頭駅まで北上します。

f:id:sMasa:20190221123123j:image

発車当初の車窓は、茶畑と民家と言ったローカルな風景でしたが、山の中に入るに連れて川と自然の風景へと変わります。

f:id:sMasa:20190221121416j:image

千頭駅で、井川鉄道に乗り換え。

ガイドさんの話です。

ツアーのお客さんは、朝方に乗車するので、昼に千頭を発車する列車が空いていてちょうどいいそうです。

 

ナローゲージという狭い線路を走るおもちゃのような列車に乗って行きます。f:id:sMasa:20190221122015j:image
もともとは貨物列車だったのかおもちゃのような車両です。

 

井川駅に進むにつれて標高も高くなり、景色が川を見下ろす景色に変わります。

f:id:sMasa:20190221121558j:image

途中で、アプト式列車とドッキング。

アプト式という後ろから列車を押して上がる方法で急勾配の坂道を登っていきます。

これがけっこう人気があるそうです。f:id:sMasa:20190221121910j:image

長島ダムの駅で対向列車とすれ違い。

f:id:sMasa:20190221122204j:image

ツアー等ではなく個別で列車にのるのであれば、ここから先はレーダーで取得して、折り返しするのがちょうどよいです。

 

筆者の参加したツアーでは、接岨峡温泉駅で下車してバス乗り場まで歩いていきましが、景色を見るとずいぶんと高くまで登っていることがわかります。

f:id:sMasa:20190221122459j:image

ここからはバスに乗って、新東名高速まで山を下って行きます。

 

新東名と東名高速に乗ることで、浜名湖沿線の私鉄はレーダーで全取得可能かとは考えますが、駅数が多いので、東京へ向かう場合に途中で遠回り、又は東海16私鉄きっぷで乗ってしまう方が楽だと思います。

※追記分

いざ乗ってみれば、レーダーで取得しておけば良かったと思いました。

【青春18きっぷ静岡県鉄道コンプの鉄旅】⑤-③駅メモ帰り道 - 関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

f:id:sMasa:20190221211456j:image

赤点線部分についても、遠州鉄道や高速道路と併せて、東海道線からレーダーでコンプリートできると思いますので、東海地区においてはあえてのバス乗車は不要ではあります。

(バス使用していればレーダーの使用数は多少少なくできるのではないでしょうか。)

筆者は基本的に格安移動を主にしてますので、結局は東京行きの夜行バスに乗ることにはなると思われます。

 

新東名高速のあとは、豊田JCT で乗り換えて来た道を帰って本日はこれにて終了。

 

 

大井川鉄道に関してですが、コンプリートするために乗車する場合は、大井川鐵道の往復運賃だけで5000円近くかかってしまいます。

加えて、長島ダム駅で折り返しするにしても往復五時間近くかかるので、一泊旅であれば、どうしてもハードな工程にならざるを得ません。

 

大阪出発となると、金谷駅までの運賃や宿泊費、食費、その他諸々の費用を考えた場合、案外、コストパフォーマンス的にバスツアーに参加するほうが良いかもしれません。


f:id:sMasa:20190414194959j:image

 

トップ画面

関西発 駅メモ攻略 全駅制覇で日本周遊を目指してます。

 

#18